全国進出を始めた第二地方銀行

第二地方銀行は全国展開のため、インターネットバンキングを展開しています。

話題のインターネット支店

地域密着型金融機関として、地元の中小企業や地域住民を主たる顧客とし、地域に根ざした商品やサービスを提供している第二地方銀行。地方経済の活性化をその使命とする一方で、新たな顧客の獲得を目指し、全国へ向けてサービスを展開しようという、新しい動きを見せ始めています。

第二地方銀行は、都市銀行や地方銀行と比べると資産力が小さいため、全国展開したいからといって支店やATMサービスを全国各地に設置することはできません。そのため、第二地方銀行が全国展開する手段として用いているのが、インターネットバンキングサービスです。インターネットを通して銀行取引を行うこのサービスを利用すれば、店舗やATMを新しく設置しなくても、全国に向けてサービスを提供することができるからです。

そのため、近年多くの第二地方銀行がインターネット支店を開設し、インターネットバンキングサービスを提供しています。高金利で人気のある「金利トッピング定期預金」を扱う「セルフうどん支店」(香川銀行)や、マイルがたまる「マイルプラス定期預金」を扱う「四国八十八カ所支店」(愛媛銀行)、ユニークな名前の「きびだんご定期預金」を扱う「ももたろう支店」(トマト銀行)など、話題のインターネット支店は、実はいずれも第二地方銀行が開設しているものなのです。

また同時に、第二地方銀行は近隣エリアの銀行や、セブン銀行、ゆうちょ銀行等ATM設置台数の多い銀行とのATM提携を進めることにより、近くに店舗がないインターネット支店の顧客も不便を感じずに利用できるような環境を整えています。

このように第二地方銀行は、インターネット支店の開設とATMネットワークの拡充を進めることにより、地元地域外からも新しい顧客を獲得しようとしています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.