筑波銀行の地域貢献

筑波銀行の地域貢献の第一は、茨城県の企業への融資を通じて県の経済を支えていることです。

筑波銀行の地域貢献は文化やスポーツにも及ぶ

筑波銀行は茨城県の地方銀行として、様々な地域貢献をしています。筑波銀行の地域貢献についてご紹介します。

まずなんと言っても、茨城県の企業への融資を通じて茨城県の経済を支えているという点が、最大の筑波銀行の地域貢献です。経済を上手く機能させるためには、活発な金融が欠かせません。特に今後の経済成長が期待される茨城県では、金融機関の果たす役割はより大きなものとなっていくでしょう。筑波銀行もそのことをよく自覚し、細やかなサービスの開発や、適切な融資の研究に力を注いでいます。

また、筑波銀行はセミナーや商談会を積極的に開催しています。こうした活動も、筑波銀行の地域貢献です。単に金融によって経済を回すだけではなく、茨城県の企業の取引や事業の拡大を促進させることで、茨城県の地域経済を振興させているのです。

茨城県には、日立、鹿島という全国に名だたる工業地域と、つくばという学問研究地域があり、これらを上手く結びつけたり、あるいは他の地域と交流させることで、大きな開発・成長の余地を生むことができます。事実、食品業について、つくばの農業研究と企業が結びついて新しい事業の立ち上げを行っています。また筑波銀行はこれに合わせるように、農家への低金利融資を行っています。その他にも、筑波銀行は地域貢献として、茨城県の企業の販売経路の開拓や海外進出などをサポートしています。

筑波銀行の地域貢献は、文化やスポーツの面にも及びます。子供向けにスポーツ教室や、スポーツ大会、美術展覧会の開催を行い、地域のスポーツや文化活動の振興に力を注いでいます。また地域の伝統的祭事や、他の団体が開くスポーツ大会への資金提供を行っています。また、自然の保護のためのボランティア活動も精力的に支援しています。

筑波銀行が拠点を構えるつくば市は、様々な研究機関が集まる学園都市として有名です。筑波銀行は、学園都市で多くの学生が学べるように、基金を立ち上げ、奨学金や助成金を援助しています。奨学金を頼りにしている学生はとても多いので、こうした基金の立ち上げも、筑波銀行の地域貢献の一つです。

このように、筑波銀行の地域貢献は、経済・文化・学問など様々な分野に渡っており、より地域に密着した銀行となるように努めています。こうした努力によって、地域をより良いものにしていくことは、日本全体の将来にとっても非常に重要なことです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.