筑波銀行の普通預金

筑波銀行の普通預金を口座開設するには、本人確認書類(パスポートや運転免許証など)と印鑑を持参して銀行窓口に行きます。解約については取引店の他に、最寄りの金融機関でも可能です。その際には「取立」の手続きを行います。取立は金融機関ごとに手数料や必要な書類は異なりますので事前の確認が必要です。

筑波銀行の普通預金の金利

筑波銀行の普通預金の金利は、メガバンクの「みずほ銀行」(年0.001%)、「三菱UFJ銀行」(年0.001%)、「三井住友銀行」(年0.001%)と同じで年0.001%です。都市銀行、地方銀行、第二地方銀行の多くがそうであるように、筑波銀行の普通預金の金利も最低レベルの低い金利です。

銀行名普通預金の金利
筑波銀行0.001%
みずほ銀行0.001%
三菱UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%

(2018年4月2日現在)

普通預金における種々の変更や紛失の手続きも大切

筑波銀行(銀行コードは0131)の普通預金は、商品名を「普通預金」と言って、個人と法人が利用できます。口座開設をするには、本人確認書類となる運転免許証やパスポートなどと印鑑をもって銀行窓口で手続きをします。

この普通預金には預け入れ期間の制限がありません。また、預け入れの方法も随時預け入れが可能で、払い戻しの方法も随時払い戻しが可能です。最低の預け入れ金額は1円以上で、預け入れ単位も1円です。

筑波銀行の普通預金の利息について見てみると、適用される金利は変動金利です。原則として毎月1回第1月曜日に金利が変更されます。もちろん変更されない場合もあります。この金利は毎日店頭に表示されていますし、筑波銀行のホームページの「預金金利一覧」のページでも普通預金の金利を知ることができます。そして利払いの頻度については、毎年2月と8月の筑波銀行所定の日に行われます。

利息の計算方法については、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を100円として積算をします。積算の期間は、前回の利息決算日の翌日から今回の決算日までです。そしてその積算の合計に利率を掛けて、対象期間中の利息を算出します。

利息の税金については、個人の場合については源泉分離課税として20.315%が課税されます。国税15%と地方税5%、そして平成49年12月31日までは復興特別所得税が課されるので、それらすべての合計です。法人は総合課税となり、非課税法人なら非課税となります。また個人の利用者で有資格者であるのなら、マル優の取扱も可能です。

筑波銀行の普通預金は、預金保険制度の対象となる預金です。その保険の範囲内で保護されます。つまり、預金保険制度の対象となる筑波銀行の他の預金と合算をして、1,000万円までの元本とその利息に限って保護がなされます。

筑波銀行の普通預金を利用しており、かつ名前(姓)が変わった時には名義変更の手続きが必要となります。その場合には筑波銀行の取引店の窓口に、通帳、証書、キャッシュカード、届出印をもって出向きます。融資や当座取引きがない利用者の場合は、戸籍謄本か、戸籍記載事項証明書か、名前が変更したことが分かる運転免許証や住民票のうちの1つを持参します。もし融資や当座取引がある場合には、戸籍謄本か、戸籍記載事項証明書か、名前が変更したことが分かる住民票のうちの1つを持参します。また、日本ATM株式会社が運営する「銀行手続の窓口」でも対応が可能ですが、必要書類が異なる可能性があるので事前の電話確認がおすすめです。電話番号は03-5220-2981で、平日は12時から20時まで、土日祝日は10時から18時まで対応しています。

ちなみに筑波銀行において、旧姓のキャッシュカードは回収となり、新しく届け出た氏名でのキャッシュカードが再発行されます。古いキャッシュカードを銀行窓口に持参した場合は新しいキャッシュカードの発行は無料ですが、紛失などをしている場合には1枚につき税込み1,620円が掛かります。

また、筑波銀行の普通預金を利用しており、かつ住所が変わった時にも住所変更の手続きが必要です。その場合には筑波銀行の取引店の窓口に、通帳、届出印、本人確認書類(パスポートや運転免許証など)を持参します。融資や当座取引きのある利用者の場合は、次の書類も必要になることがあります。個人なら、住民票の謄本か、記載事項証明書か、印鑑証明のいずれかです。法人なら、商業登記簿謄本か、登記事項証明書です。またメールオーダーでも住所変更の手続きはできますが、次の取引きがある場合には取引店の窓口を利用しなければなりません。融資取引、当座取引、年金財形預金、住宅財形預金、外貨預金、純金積立、投資信託、非課税貯蓄申告(マル優、マル特)です。そして「銀行手続の窓口」でも住所変更が可能ですが、必要書類が異なることがあるので事前の確認が必要です。

氏名や住所の変更ではなくて、届出印や通帳やキャッシュカードを紛失してしまったときには、すぐに取引店に連絡をします。受付け時間帯は平日の9時から17時です。平日の17時から翌朝9時、そして土日祝日の場合は、フリーダイヤルの0120-298-022に電話をしてください。

それから、筑波銀行の普通預金で利用をしている届出印を変更したい時には、印章変更の手続きが必要です。その場合には、通帳や証書、そして新しい届出印と古い届出印を取引店窓口に持参します。ただし、融資や当座取引のある場合には印鑑証明が必要になることがあります。印章変更の手続きは「銀行手続の窓口」でも可能ですが、必要となる書類が異なる可能性がありますので、事前に確認が必要です。

また、あまり知られていませんが、筑波銀行の普通預金口座の解約は取引店でなくても可能です。最寄りの金融機関に通帳と定期預金証書などと届出印を持参にして取立の手続きをすれば、わざわざ取引店に赴かなくても筑波銀行の普通預金口座を解約できます。その際の手数料や必要な書類などは金融機関によって異なるので事前の確認が必要です。

その他に、万が一、筑波銀行と利用者との間においてトラブルが発生して、その解決がスムーズに進まない場合には、一般社団法人全国銀行協会の全国銀行協会相談室を利用することができます。また、あっせん委員会もあります。連絡先は「全国銀行協会相談室」、電話番号は一般電話なら0570-017109、携帯電話なら03-5252-3772です。受付けは祝日と銀行休業日を除く、月曜日から金曜日の9時から17時です。

筑波銀行の普通預金を使う意味

筑波銀行と言えば、茨城県の土浦市に本店を置く地方銀行です。そして茨城県にはもう一つ大きな地方銀行があり、その名前は「常陽銀行」です。常陽銀行は茨城県水戸市が本店所在地です。

この茨城県下の筑波銀行と常陽銀行を比べることから、筑波銀行の普通預金を使う意味を考えていきたいと思います。まずここで両行の預金残高、貸出金、店舗数を比較します。

銀行名預金残高貸出金店舗数
筑波銀行21,805億円16,028億円147店舗
常陽銀行81,033億円59,127億円179店舗

(平成28年3月末実績)

筑波銀行については、預金残高:21,805億円、貸出金:16,028億円、店舗数:147となっています。常陽銀行については、預金残高:81,033億円、貸出金:59,127億円、店舗数:179となっています。この二つの銀行を比べると、常陽銀行が筑波銀行を規模のうえで大きく上回っていることがよく分かります。

その他に、多くの人が関心を持っている預金金利についても両行を比較します。

銀行名普通預金の金利スーパー定期の金利スーパー定期300の金利大口定期の金利
筑波銀行0.001%0.010%0.010%0.010%
常陽銀行0.001%0.010%0.010%0.010%

(平成29年5月19日現在)

筑波銀行の預金金利については、普通預金:0.001%、スーパー定期:0.010%、スーパー定期300:0.010%、大口定期:0.010%となっています。常陽銀行の預金金利についても、普通預金:0.001%、スーパー定期:0.010%、スーパー定期300:0.010%、大口定期:0.010%です。両行ともに、普通預金も定期預金も全国最低水準となっており、金利は同じです。

茨城県に在住の場合は、地元の銀行に口座開設をすると便利です。普通預金などを通じて、生活上のさまざまな決済が可能になるからです。

茨城県の2つの地方銀行である筑波銀行と常陽銀行を比べた場合は、金利はまったく同じなので、銀行の規模からどちらを利用するのかを選ぶのが妥当だと思われます。スケールメリットからくる利便性を考えるのなら、常陽銀行を選ぶのが妥当なところでしょう。そして常陽銀行の普通預金を通じて日々の決済などを行うことになります。ただし、自宅や会社などの近くに筑波銀行があるのなら、地理的な利便性から筑波銀行を選ぶのも選択の一つです。

まとめると、地理的な利便性などのある場合に限って、筑波銀行の普通預金は利用をすればよいと言えると思われます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.