神奈川銀行の活動

神奈川銀行は、様々な地域貢献活動に取り組んでいます。

地域のお金を地域に還元

神奈川銀行は、地域の金融機関として、様々な地域貢献活動に取り組んでいます。ここでは神奈川銀行の社会貢献活動について述べていきます。

まず、本業である金融サービスにおける地域貢献活動として、地元地域への円滑な資金供給に取り組んでいます。神奈川銀行の県内への貸出金残高は2,838億円であり、これは貸出金総額の93.4%を占めています。このように、顧客から預かった資産の多くを、積極的に地元である神奈川県内の中小企業や個人への貸出に充て、地域のお金を地域に還元することより、地域経済の活性化に貢献しているのです。

さらに神奈川銀行では、地元中小企業の経営改善や事業再生、業種転換等の支援のために、神奈川県内の各信用保証協会や地域金融機関等の外部機関と連携し、専門家によるコンサルティングやビジネスマッチングなどを実施しています。特に取引先のネットワークを生かしたビジネスマッチングは大きな効果をあげており、昨年度は200件を越えるビジネスマッチングに成功しています。

また同時に、県内で開業を目指す事業者向けのビジネスローン「創業・新事業支援融資[挑](チャレンジ)」を販売するなど、将来性のあるベンチャー企業や成長段階にある企業に対して、積極的に融資を行っています。また神奈川県産業支援センターと協力して新生事業展開についての相談を受け付けたり、川崎市の創業支援事業計画へ参加したりと、資金面だけでなく経営面も含めて多方向的に県内の新ビジネスをサポートしています。

神奈川銀行は、未来の地域社会を担う新しい人材の育成にも尽力しています。産学連携による人材の育成を目的とする「神奈川産学チャレンジプログラム」に参加し、インターンシップ生を受け入れたり、県内にある学校法人関東学院大学と連携して人的な交流を図ったりしています。

このように神奈川銀行は、資金面から経営面、人材育成に至るまで、幅広く地域貢献活動に取り組んでいます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.