名古屋銀行のインターネットバンキング

個人用の「名古屋ダイレクト」と、法人用の「名古屋ビジネスダイレクト」があります。

セキュリティ面も強化

名古屋銀行のインターネットバンキングは個人用と法人用があります。

個人専用のインターネットバンキングサービスを「名古屋ダイレクト」といいます。ここでは振込や振替、残高照会、定期預金の預入や満期支払予約、税金の支払、公共料金自動引落契約などがネット上でできます。PCならペイジー(税金)払い以外24時間行えます。スマートフォンや携帯電話の利用も可能です。振込手数料が安く設定され、同一支店や同行支払いの場合は無料で取引できます。他行宛では3万円未満は216円、3万円以上は324円になります。

セキュリティ面も強化されています。携帯電話やスマートフォンを使い、一度限りのパスワードとして利用できるワンタイムパスワードを採用しています。さらに、セキュリティツールSaAT Netizen(サート・ネチズン)の導入も推奨されています。SaAT Netizen(サート・ネチズン)は個人PCにインストールして利用します。名古屋銀行のインターネットバンキングを利用している間は、スパイウェア等を使った個人情報の流出を防ぎます。また、お使いのパソコンの重要情報を守り、不正アクセス防止などが期待できる対策ツールです。

投資信託の購入や解約などができる「インターネット投資信託」も個人向けのインターネットサービスです。インターネット専用商品も用意され、店頭での取扱より手数料が10%OFFになっています。

法人向けのサービスは「名古屋ビジネスダイレクト」があります。月額基本手数料のみで契約料や初期費用は無料です。振込や振替、給与振込、税金や各種料金の支払いなどに利用できます。

さらに「名古屋GAITAMEダイレクト」は、法人が利用できるインターネットサービスです。外国送金依頼、輸入信用状開設・条件変更依頼が簡単にさらに低コストで取引できます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.