定期預金の解約について

定期預金は途中で解約することなく満期日を過ぎると、預入の当初において決められていた満期の取扱いが実施されます。

元本割れはないが金利は下がる

定期預金は解約することなく満期日を過ぎると、預入当初に決めた満期の取扱いが実施されます。定期預金解約後の取扱いの種類には、元利自動継続と元金自動継続の2種類の方法があります。

自動継続の場合は満期を迎えると自動的に契約が続くので、銀行の窓口に出向いたり、ネット上で手続きを行うなどの手間がありません。金利は当初の預入時のものではなく、継続日の金利が適用されます。ですので場合によっては、金利の面で有利だったり不利だったりする場合が出てきます。一方、自動解約の場合は、こちらも自動的に定期預金が解約になり、元本と利息が普通預金に預け入れられます。

定期預金の解約で気をつけたいのは、満期日を迎える前に解約する中途解約の時です。この場合、解約することで元本割れが起こるといったペナルティはありません。それは、定期預金は一度契約すると解約ができないといった金融商品ではないからです。そのため、まとまったお金が必要な場合は、遠慮無く解約をすることができます。しかし、定期預金を組んだ時点での高い金利から、期日前解約利率や中途解約利率と呼ばれる普通預金並の金利へと下がってしまいます。

定期預金の解約は、窓口やATM、そして最近ではネット上でも行えます。窓口での解約には、銀行印や定期預金の通帳、本人確認書類が必要です。しかし、多くの銀行ではATMでの中途解約はできません。ATMで手続きができるのは、満期日当日の解約や解約予約であって、その時に定期預金の通帳やキャッシュカードが必要です。けれども、一部のネット銀行は例外的に、ATMでの中途解約にも対応しています。

家族名義の定期預金の解約には、委任状が必要な場合もあります。それは基本的に定期預金の解約は、本人が行うことになっているためです。また金額が大きかったりすると、より厳重な手続きが必要な場合があります。委任状の他にも、本人確認書類などが必要になってきます。

定期預金の解約について

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.