名古屋銀行の新ブランド戦略

名古屋銀行は新ブランド戦略をスタートしています。

名古屋銀行ブランドの再構築

名古屋銀行では新ブランド戦略を、創立60周年という節目を迎えた2009年(平成21年)よりスタートしています。

名古屋銀行の新ブランド戦略とは、創立60周年を新たなスタートラインに設定し、これまで以上に顧客に親しまれ、信頼される銀行を目指すためのプランです。「絆をつくる、明日へつなぐ。」をスローガンに、顧客とのまたは地域の方々との絆を深めています。加えて、お客さま満足度の向上にも積極的に取り組んでいます。

この名古屋銀行の新ブランド戦略の一環として、行名のロゴやイメージカラーなどを中心にリニューアルし、店舗のレイアウトも順次変更されています。その目的は地域での存在感の向上や若年層へのアピール、60周年というメモリアルを機に行内の意識改革の3点が課題です。そのためブランド推進室を作り、名古屋銀行というブランドの再構築を行っています。

名古屋銀行の新ブランド戦略における、ブランドコンセプトの中心は"絆"です。顧客との"絆"、働く者同士の"絆"、銀行の歴史の"絆"を太く長く続け、「あいちの未来」へとつなぐ"絆"がメインテーマです。ロゴマークのベースの色と字体を変え現代的な印象に再編することに成功しています。

名古屋銀行は新ブランド戦略のみならず、社会貢献活動も活発に行っています。創立60周年記念に開催された、役職員向けの観劇会での募金と銀行からの寄付を加えた300万円を地元東山植物園に寄付しました。乳がんの早期発見・早期治療のための「ピンクリボン活動」にも賛同しています。10月のピンクリボン月間を前に、平成25年9月18日、9月26日には全行員でオリジナル啓発グッズのポケットティッシュの配布もしました。

さらに、名古屋フィルハーモニーによるチャリティーコンサートや、名古屋グランパススクールコーチの指導でキッズサッカー教室なども催しています。環境への取り組みとして清掃ボランティア活動も継続的に行われています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.