FRBと日本銀行

FRBと日本銀行は、それぞれの国における中央銀行制度の中心的な役割を果たしています。

FRBも日本銀行も、自国の金融システムの要

日本銀行とFRB(連邦準備理事会)は、いずれも、中央銀行制度における中心的な役割を果たしているという点では共通しています。先に述べた通り、FRBは、アメリカの中央銀行制度「連邦準備制度」の最高意思決定機関とされる組織で、我が国の日本銀行に相当します。

日本銀行が国内の経済情勢を調査して、それに基づき、経済分析や景気分析を行いながら金融政策を決定するように、アメリカではFRBの理事を中心に構成される「連邦公開市場委員会(FOMC)」が、アメリカの金融政策を決定しています。

また日本銀行が、資金決済や国債の決済を処理する金融ネットワークシムテム「日銀ネット」を運営しているように、FRBもドル決済システム「Fedwire」を運営し、米国債や政府機関債の資金決済を行っています。このように日本銀行とFRBは、いずれも自国の金融システムの要となっている組織です。

しかしながら、日本銀行とFRBには相違点も多くあります。一つは、組織の形態です。日本銀行は、我が国唯一の中央銀行であるのに対し、FRBはアメリカ国内に12行ある連邦準備銀行を束ねる中央機関であり、銀行ではありません。さらに日本銀行は、特殊法人という形態をとっていますが、FRBは民間の企業である連邦準備銀行を、政府機関であるFRBが総括する、という形態をとっています。

また日本銀行とFRBは、業務内容にも異なる点があります。日本銀行は、紙幣を発行することを許された発券銀行であるのに対し、FRBはそもそも銀行ではないため、紙幣を発行することはできません。そのためアメリカでは、紙幣の発行は、各地区に設立された連邦準備銀行が行っています。つまり、アメリカ国内には、12行の発券銀行が存在していることになります。

このようにFRBは、日本銀行が一行で担っている「金融政策」と「紙幣の発行」という中央銀行としての二大業務を、12行の連邦準備銀行と分担して行っているのです。この点は、日本銀行だけでなく他国の中央銀行とも異なる、FRBの一番の特異性です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.