福井銀行の貯蓄預金

福井銀行の貯蓄預金は、預金残高によって適用される金利が異なります。現状では5つの金額階層別金利設定がなされており、下は10万円未満、上は100万円以上となっています。貯蓄預金は普通預金とは違って、公共料金などの口座振替には利用できず、給与や年金などの自動受取にも使えない預金です。

福井銀行の貯蓄預金の金利

福井銀行の貯蓄預金の金利を確認します。福井銀行の貯蓄預金の金額階層は、5階層に分かれています。「10万円未満」「10万円以上〜30万円未満」「30万円以上〜50万円未満」「50万円以上〜100万円未満」「100万円以上」です。この5段階のすべての階層で、福井銀行の貯蓄預金の金利は年0.001%です。

比較のために福井銀行の普通預金の金利も併記します。福井銀行の普通預金は金額に関わらず金利が同じですので、5つのすべての金額階層で年0.001%になります。表を見ると分かりますが、福井銀行の貯蓄預金の金利と普通預金の金利は同じです。

金額10万円未満10万円以上〜30万円未満30万円以上〜50万円未満50万円以上〜100万円未満100万円以上
貯蓄預金0.001%0.001%0.001%0.001%0.001%
普通預金0.001%0.001%0.001%0.001%0.001%

(2017年6月6日現在)

5段階の金額階層別金利設定

福井銀行の貯蓄預金は、商品名を「貯蓄預金」と言います。利用できるのは個人に限られます。

福井銀行の貯蓄預金は、預け入れ期間の定めが特にありません。預け入れの金額は1円以上であり、預け入れの単位は1円単位です。預け入れについては随時預け入れすることができて、払い戻しの方法についても随時払い戻すことができます。

福井銀行の貯蓄預金の利息について見てみます。まず適用される金利ですが、これは随時変動するものです。そして5段階の金額階層別金利設定が行われており、毎日の最終残高がどの階層に属するかによって適用される金額階層の店頭表示の金利が決まります。金利は銀行窓口で確認ができますし、また福井銀行の公式ホームページの「HOME > 個人のお客さま > 金利一覧 > 円預金金利 > 貯蓄預金」でも知ることができます。福井銀行の貯蓄預金の金額階層は次のようになっています。1.10万円未満 2.10万円以上〜30万円未満 3.30万円以上〜50万円未満 4.50万円以上〜100万円未満 5.100万円以上です。

貯蓄預金の利払いの方法については、毎年2月と8月に福井銀行所定の日に口座に入金がなされます。利息計算の方法は、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を1円として1年を365日とする日割り計算です。ただし円未満は切り捨てとなります。

そして貯蓄預金の利息に掛かる税金については、20%の源泉分離課税です。内訳は国税15%と地方税5%です。ただし平成25年1月1日から平成49年12月31日までは復興特別所得税が課税される関係によって、20.315%の税率となります(マル優を利用する場合は除く)。

福井銀行の貯蓄預金に付加できる特約事項としては、マル優の取り扱いが可能なことです。マル優とは少額貯蓄非課税制度のことを指します。

福井銀行の貯蓄預金は、預金保険制度の対象となる商品です。福井銀行に預け入れている他の預金と合算をして、一人あたり1,000万円までの元本とその利息が保護されます。この中に決済用預金は含まれません。そして福井銀行の貯蓄預金で注意をしたいのは、給与や年金や配当金などの受取口座として使えないこと、それから各種料金の振替口座としても使えないことです。この点が普通預金との大きな違いでもあります。

福井銀行が契約をしている紛争解決機関は、一般社団法人全国銀行協会です。もし福井銀行の貯蓄預金について、不明な点があったり、福井銀行の銀行取引において問題が発生した場合には、一般社団法人全国銀行協会に相談をすることができます。その際の連絡先は「全国銀行協会相談室」で、電話番号は0570-017109、または03-5252-3772です。

福井銀行の貯蓄預金を使う意味

ここからは福井銀行の貯蓄預金について、より深く考察をします。そして福井銀行の貯蓄預金が利用するに足る商品であるかどうかを検討します。

まずこれまで見てきたように、福井銀行の貯蓄預金の金利は年0.001%となっており、普通預金の金利とまったく変わりがありません。普通預金と言えばお金の出し入れが自由で、流動性が非常に高い商品です。金利がこの普通預金と同じであれば、普通預金を利用すれば事足ります。この事実だけからでも福井銀行の貯蓄預金を使う意味はあまりなさそうです。

一般の利用者の目線で考えると、貯蓄預金の魅力とは預金金額が増えるにつれて預金金利が上がる商品性にあり、これから貯金をして資産を増やしていく際に大いに役立つ商品です。その視点から考えるのなら、「積立定期預金」も検討に値すると思われます。幸い、福井銀行には積立定期預金も預金商品としてラインナップされています。積立定期預金とは簡単に説明をすると、毎月決まった金額を銀行に預け入れてお金を積立てていくタイプの預金です。すでに保持している資金を一括して預け入れるのが一般的な定期預金です。そのようなまとまった資金がない利用者が、これから自分の資産を築いていくときに利用できるのが積立定期預金です。

比較のために、福井銀行の貯蓄預金の金利と、普通預金の金利と、積立定期預金の金利を表の形にして掲載します。積立定期預金の金利は預金金額によらず一定なので、すべての金額階層において同じと考えます。

金額10万円未満10万円以上〜30万円未満30万円以上〜50万円未満50万円以上〜100万円未満100万円以上
貯蓄預金0.001%0.001%0.001%0.001%0.001%
普通預金0.001%0.001%0.001%0.001%0.001%
積立定期預金0.020%0.020%0.020%0.020%0.020%

(2017年6月6日現在)

福井銀行の積立定期預金は、毎月の預け入れ金額が5,000円から利用できます。そして1,000円単位での増額が可能です。預け入れ日は任意の日を選ぶことができますし、随時に預け入れをすることもできます。そして気になる金利は年0.020%であり、貯蓄預金よりもかなり高くなっています。ちなみに積立定期預金の金利はスーパー定期(1,000万円未満)と大口定期(1,000万円以上)の金利と同じ設定になっています。

もし福井銀行の貯蓄預金を利用したいのだけれど、その金利の低さから躊躇している人がいたら、預金商品としては違う種類のものになりますが、積立定期預金をおすすめしたいです。お金を堅実に、かつお得に貯めるという同じタイプのニーズが満たせるからです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.