定期預金の解約手数料

定期預金の解約手数料は、一般的には支払う必要はありません。

解約手数料とペナルティの違い

定期預金の解約手数料は、一般的には支払う必要がありません。預けていた定期預金に満期日が来て解約された場合や、自分の意思で中途解約をした場合でも、解約手数料は発生しないようになっています。これは店舗型の銀行やネット銀行やその他の金融機関でも同じです。

定期預金は預ける金額や期間によって、金利の設定に違いがある商品です。けれども、どれだけ高い預入金額でも、どれだけ長い預入期間の定期預金でも、解約をすることで解約手数料は発生しません

ただし、定期預金に解約手数料は掛かかりませんが、定期預金を中途解約した場合にはペナルティが付きます。一般的なペナルティとは、最初に定められた適用利率が、預入期間などを考慮したうえで各社の設定する中途解約利率へと変更になることです。たいていの場合、中途解約をすると金利は普通預金並の低金利になりますが、元本割れの心配はありません。

景気の関係で金利の低い定期預金しか組めなかった場合や、低金利でかつ長期の預け入れの定期預金を契約してしまった場合などに、後になってからより有利な金利の定期預金に出会うことがあります。このような時には、思い切って他の商品への乗り換えを検討するのも選択肢の一つとなります。その理由は、定期預金は解約手数料を取られるリスクがないためです。たとえ中途解約をしても元本の減ることがないので、より高金利な商品に乗り換えることが可能です。

定期預金に解約手数料の掛かる可能性があるのは、デリバティブが組み込まれた新型定期預金などと呼ばれる仕組預金を中途解約した時です。これらの金融商品は「定期」や「定期預金」という名前がついていますが、普通の定期預金とは異なり、特約を付けることで金利を高く設定している金融派生商品です。これらは中途解約自体が困難ですし、もし中途解約ができたとしても、通常の定期預金とは異なって解約手数料が発生したり、元本割れをするリスクがあります。

定期預金の解約手数料

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.