銀行の金利の比較

ネットバンクは大手都市銀行と比較して高い金利です。

金利の比較の向こう側

銀行の金利の比較は、その銀行の利用しやすさとのバランスを取りたいです。

金利は高くても途中解約が出来ない・経済の情勢により満期を銀行が前倒しする可能性がある、という特約も、金利を比較してそれらの条件も含めて納得できるなら、選択肢に入るでしょう。また、銀行の金利を比較していると外貨預金のキャンペーン金利に心が騒ぎますが、たいてい預金保護法の対象外であることを納得ずくなら有りでしょう。銀行の窓口やATMまで遠くて頻繁には行けないけれど、いっそ5年や10年くらい預けることにすれば半年や1年と比較して金利も高いな、とも考えられます。銀行の金利の比較の向こうにその後の行動が見えてきます。

ネットバンクは総じて大手都市銀行と比較して金利は高いです。

銀行の金利の比較

傾向として、大手都市銀行の金利は概ね横並びながら、スポット的に、口座開設が多い年度明けや、ボーナスや退職金を対象に、通常と比較して金利が高いキャンペーンを行います。たいてい3ヶ月から1年の預入期間を過ぎると自動解約となる点に注意です。中でも新生銀行は商品がユニークで金利も他と比較して高いですが、店舗数を絞っている点が考えどころです。

一方、ネットバンクはネット環境さえあれば大手都市銀行と比較して高い金利を享受できますが、肝腎の現金をどこで引き出すかが利用しやすさのキーです。提携するコンビニや銀行のATMが多いですが、生活圏にありますか?

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.