愛知銀行の普通預金

愛知銀行の普通預金は、給与や年金などの自動受取りができたり、公共料金やクレジットカードなどの自動支払いができます。また、愛知銀行の普通預金は決済用普通預金に切り替えることができます。決済用普通預金にすることによって、預金金額が預金保険制度によって全額保護されます。

愛知銀行の普通預金の金利

愛知銀行の普通預金の金利は、みずほ銀行(年0.001%)、三菱UFJ銀行(年0.001%)、三井住友銀行(年0.001%)などのいわゆる大手都市銀行の普通預金の金利と同じで年0.001%となっています。地方銀行の普通預金としてはよくある金利となっており、とりわけ特徴がある訳ではありません。

銀行名普通預金の金利
愛知銀行0.001%
みずほ銀行0.001%
三菱UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%

(2018年4月2日現在)

普通預金から決済用普通預金への切り替え

愛知銀行の普通預金は、商品名が「普通預金」です。この普通預金を利用できるのは個人と法人です。

預け入れの期間にとくに制限はありません。預け入れの方法については、随時預け入れることができます。そして最低の預け入れ金額は1円で、預け入れの単位も1円です。また払い戻しに関しても、随時払い戻すことが可能です。

愛知銀行の普通預金に適用される金利は、毎日店頭で表示される金利です。ただし金利は市況により変動しうるものです。利払いは毎年2月と8月の第3金曜日に計算がされて、その翌日に支払われます。利息の計算方法については、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位が1円で、1年を365日と考える日割り計算です。ちなみに愛知銀行の普通預金の金利は、愛知銀行の公式ホームページの「預金金利」のページで確認をすることができます。2017年5月15日時点での普通預金の金利は0.001%となっています。また、愛知銀行の公式ホームページでは普通預金のみならず、スーパー定期や大口定期などの定期預金や貯蓄預金、さらには外貨預金(米ドル、オーストラリアドル、ユーロ)などの金利も知ることができます。

普通預金の利息にかかる税金については、個人の場合は20.315%が源泉分離課税として徴収されます。これは国税が15.315%で、地方税が5%です。個人の場合は少額貯蓄非課税制度、つまりマル優が利用できます。そして法人の場合は総合課税となりますが、非課税法人なら非課税です。法人は国税にあたる15.315%のみの徴収であり、地方税の5%はかかりません(平成28年1月1日より)。

愛知銀行の普通預金に付加できる特約は、個人の利用者であるのなら、総合口座の当座貸越が利用できます。当座貸越で利用できる金額は、担保定期預金の金額の90%もしくは最高で200万円までです。貸越の利率は、担保定期預金の約定利率に0.50%を上乗せした値となります。ただし利用者が未成年の場合は民法上の制限から、この当座貸越のサービスは利用できません。

愛知銀行の普通預金は預金保険制度の対象となる種類の預金です。一金融機関について預金者一人あたり、預金保険制度の対象となる預金を合算して(決済用普通預金は除く)1,000万円までの元本とその利息が保護されます。もし預金金額の全額保護を望むのなら、決済用普通預金を利用する必要があります。

愛知銀行の普通預金は、決済用普通預金に切り替えることができます。ここで補足の説明をすると、「決済用預金」とは次の3つの特徴がある預金です。1つ目は、利息が付かない無利息であることです。2つ目は、いつでも払い戻しを請求できる要求払いであることです。そして3つ目が、口座振替えなどの決済サービスを提供していることです。愛知銀行には決済用預金として、決済用普通預金と当座預金があります。一般の普通預金を決済用普通預金に切り替える場合は口座番号が変わりませんので、給与や年金の自動受取や公共料金やクレジットカードなどの自動支払いの変更手続きが不要で便利です。キャッシュカードもそのまま同じものが使えます。さらに、総合口座をお持ちの場合も、そのまま引き続き利用することができます。ちなみに、決済用普通預金を一般の普通預金に切り替えることもできますし、新規で決済用普通預金を開設することもできます。

その他、愛知銀行が契約をしている指定紛争契約機関は、一般社団法人全国銀行協会です。もし愛知銀行と利用者との間で問題が発生することがあれば相談ができます。相談先は全国銀行協会相談室です。電話番号は、0570-017109もしくは、03-5252-3772です。

愛知銀行の普通預金を使う意味

愛知銀行の普通預金を使う意味を考えます。そのための指標として、銀行の預金残高と貸出金と店舗数に着目します。その際に愛知銀行と比較をするのが、同じ愛知県内にある他の銀行です。愛知県には3つのよく知られた第二地方銀行があります。具体的には、愛知銀行と名古屋銀行と中京銀行です。ここでは、これら3つの銀行を比較してみます。

銀行名預金残高貸出金店舗数
名古屋銀行31,497億円22,409億円113店舗
愛知銀行26,646億円16,843億円106店舗
中京銀行17,191億円12,746億円88店舗

(平成28年3月末実績)

表を見て分かるように、愛知銀行は預金残高(26,646億円)、貸出金(16,843億円)、店舗数(106店舗)です。名古屋銀行は預金残高(31,497億円)、貸出金(22,409億円)、店舗数(113店舗)です。中京銀行は預金残高(17,191億円)、貸出金(12,746億円)、店舗数(88店舗)です。

これらの数字から分かることは、愛知県の銀行の規模としては、1位:名古屋銀行、2位:愛知銀行、3位:中京銀行、という順位であることです。

ですので、順当に銀行の規模から利用する普通預金を選ぶのなら、名古屋銀行の普通預金、愛知銀行の普通預金、中京銀行の普通預金という順番になります。ただし、身近に愛知銀行の店舗がある、愛知銀行で使いたいサービスがある、家族が既に愛知銀行を利用している、などの理由があるのなら、愛知銀行の普通預金を利用することもやぶさかではありません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.