個性豊かなインターネット支店

地方銀行を中心にして増えているのが「インターネット支店」です。

インターネット支店の定期預金の金利は高い

インターネットバンキングのうち、主に地方銀行を中心に増えているのが「インターネット支店」と呼ばれるものです。インターネット支店とは、実際の店舗をもたずにオンライン上だけで営業しているインターネット取引専用の支店を指します。

先に述べた「◯◯ダイレクト」と呼ばれている「サービスとしてのインターネットバンキング」と何が異なるのかと言いますと、インターネット支店はあくまで「支店」であるため、利用するためはインターネット支店に口座を開設するか、今まで利用していた支店から、インターネット支店に口座を移さなければならない、という点に違いがあります。

例えばみずほ銀行の場合、「みずほダイレクト」は、自分の利用しているあらゆる支店の預金口座の取引をインターネット上で行うことができます。これに対しみずほのインターネット支店は、利用の前提としてインターネット支店に口座を開設する必要があります。そして、預金取引は全てインターネット取引、つまり「みずほダイレクト」を利用して行います。要するに「◯◯ダイレクト」といったサービスはインターネット上で取引を行うための手段であり、インターネット支店はインターネット上で商品やサービスを提供している場所であるのです。

インターネット支店は、実在する店舗を持たず通帳の発行もないため、店舗維持費や人件費、事務費等がかかりません。そのため、その分を金利に上乗せしたり、手数料を割り引いたりすることができるので、インターネット支店の定期預金の金利は、多くの場合、普通の支店で扱われているものよりも高く設定されています。

また近年、営業エリア外から新しい顧客を獲得しようとする地方銀行が、競ってインターネット支店を開設するようになったため、香川銀行の「セルフうどん支店」、沖縄銀行の「美ら島(ちゅらしま)支店」のように、その地域をイメージしやすくインパクトもある名前を持つインターネット支店や、地域の名産品がもらる定期預金や宝くじがもらえる定期預金、マイルが貯まる定期預金等、一般の支店では見られないユニークな商品を取り扱うインターネット支店が増えています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.