東京都民銀行のインターネットバンキング

東京都民銀行はインターネットを使った様々なサービスがあり、ダイレクト営業専門店まで用意されています。

ダイレクト営業専門店「ハローアクセス支店」

東京都民銀行はインターネットを使った様々なサービスを展開しています。地銀には珍しく、インターネットバンキングサービスの他に、ネットから利用もできるダイレクト営業専門店まで用意されています。

インターネットバンキングサービスは個人用と法人用が用意されています。個人用のインターネットバンキングでは、パソコン、スマートフォン、携帯電話から簡単に利用できます。

個人用のインターネットバンキングでは、東京都民銀行宛ての振込手数料は無料で、他行宛ても216円と格安です。取引は残高照会や振込・振替取引、定期預金取引、投資信託取引などが利用できます。法人用は 「東京都民銀行ビジネスダイレクト」といい、給与や賞与の振込など全ての取引ができる「総合コース」と料金払込Pay-easy(ペイジー)やでんさいサービスが利用できる「基本コース」から選べます。

2003年(平成15年)からサービスがはじまったダイレクト営業専門店「ハローアクセス支店」は、インターネットバンキングや電話、ATMから利用できるネット支店です。「ハローアクセス支店」専用の商品も多数あります。なかでも、Webカードローンは、ダイレクト営業専門商品だからこその優遇金利が人気です。ローン商品はハローアクセス支店のみで取扱いされているダイレクト無担保ローンをはじめ、マイカーローンやリフォームローンなど住宅ローン以外の商品があります。

20歳以上の日本にお住まいの方なら誰でも加入できる、ハローアクセス支店限定のダイレクト定期「ハロー輝き」もあります。しかし、この定期預金は、300万円未満の預入では店頭表示利率と変わりなく、300万円以上のコースで年利が若干上がるのみです。通常のネット支店で期待したいメリットが少ないのが残念な所です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.