個人向け国債

個人向け国債とは、個人のみを対象とした国債で比較的安全性の高いものです。

3種類の個人向け国債

個人向け国債とは、個人のみを対象とした国債です。国債は投資先が国であるため、投資商品の中では比較的安全性が高く、民間企業による格付けでも国債に対する評価は総じて高めになっており、近年注目を集めるようになってきました。

個人向け国債には、満期と金利タイプの異なる3種類の国債があります。変動金利タイプのものとしては「変動10年」が、固定金利タイプのものとしては、満期が5年の「固定5年」、満期が3年の「固定3年」があります。いずれも一口1万円から購入することが可能です。国債の購入は、毎月の募集期間内に銀行等金融機関で行うことができます。

国債のメリットとして、まず高い安全性が挙げられます。国債は投資商品の一つですが、投資先が国であるため、企業のように倒産してしまうようなことはまずありません。

また購入単位が1万円からなので、手軽に始めることが可能です。さらに発行から1年経過すれば、いつでも1万円単位で換金が可能です。さらに最近は債券が電子化されペーパーレス発行となっているため、証券の紛失・盗難などの心配がありません。

多くの魅力を持つ国債ですが、一方でデメリットもあります。国債を満期前に解約した場合はペナルティーが課せられてしまうのです。固定金利タイプのものは2回分の金利が、変動タイプのものは直近2回分の金利に相当する金額が、返金される金額から引かれてしまいます。大きな額が引かれることになるため、なるべくを中途解約しなくてよいよう、国債の購入は余裕資金で行うようにしましょう。

また固定金利タイプのものは、市場の金利が急上昇した場合も金利が見直されないため、固定金利タイプを持ち続けていると、満期まで低い金利しか受け取れず、儲け損ねてしまうというデメリットもあります。ペナルティーを支払ってでも一度解約して変動金利タイプのものに切り替えるべきか、変えずに様子を見守るべきかの見極めを誤らないようにすることが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.