京都銀行とは

京都銀行は京都市に本店のある地方銀行で、誕生したのは戦後の1951年です。

京都企業と共に成長した京都銀行

京都銀行とは京都市に本店のある地方銀行です。京都銀行が誕生したのは1951年(昭和26年)と意外にも遅く、戦後になってからです。そもそも、京都には都市銀行の支店が多くあり、地元の経済界が地域独自の銀行の設立を強く望んで誕生した経緯があります。

メガバンクや信金など京都の地に古くからある銀行との間で、当初は後発の地銀でしかなかった京都銀行ですが、高度経済成長期に第一次成長期を迎えます。1960年代からの日本の経済成長期に併せて京都でもベンチャー企業が台頭します。エレクロトニクスや精密機器を主とする日本の経済の屋台骨を支える産業に早くから支援を行います。任天堂や京セラ、オムロンなどのちに京都企業と呼ばれる大企業と共に京都銀行も成長を始めました。

1980年頃からの金融自由化の中、京都銀行も証券業務や国際業務などをはじめます。また、一方で独自のリテールバンキング戦略も行います。バブル崩壊後はさらに営業活動を促進、地元の顧客の信頼確保とリスク管理の強化を図り、経営の安定化を進めました。

2000年以降には高い健全性を誇る体力のある銀行として、京都府に隣接する他府県へ積極的に出店します。今では、京都はもちろん、滋賀、大阪、奈良、兵庫、愛知、東京などに支店がある「広域型地方銀行」として全国的にも資産の多い銀行へと成長しました。全国地方銀行協会加盟の63行中7位の位置にいるといわれています。

京都銀行というと毎年朝日放送(ABCテレビ)で放送されている全国高校野球選手権大会中継で流れる「ながーい、おつきあい」のCMが有名です。また、2007年から地元プロサッカーチームの京都サンガF.C.のオフィシャルスポンサーになるなど、スポーツ振興に力を入れています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.