青森銀行の普通預金

青森銀行の普通預金は商品名が「普通預金」であり、個人と法人が利用できます。ただしインターネットや郵送を用いての口座開設はできないので、青森銀行の店舗にまで来店をしなければなりません。その際に必要な持ちものは、届出印となる印鑑と本人確認ができる公的な証明書(パスポートや運転免許証など)です。

青森銀行の普通預金の金利

青森銀行の普通預金の金利は、年0.001%です。これは日本全国の一般の銀行の普通預金の金利と同じです。具体的には、メガバンクと呼ばれている、みずほ銀行三菱UFJ銀行三井住友銀行や、各都道府県の地方銀行や第二地方銀行などです。

銀行名普通預金の金利
青森銀行0.001%
みずほ銀行0.001%
三菱UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%

(2018年4月2日現在)

極めてシンプルな青森銀行の普通預金

青森銀行の普通預金は、商品名を「普通預金」といい、個人と法人が利用できます。普通預金口座を開設するには、印鑑と本人確認ができる公的な証明書(パスポートや運転免許証など)が必要です。残念ながら郵送やインターネットでの口座開設は行っておらず、店舗に来店しなければなりません。

青森銀行の普通預金には預け入れ期間の定めが特になく、預け入れの金額は1円以上で預け入れの単位も1円以上です。預け入れの方法は随時預け入れることができて、払い戻しの方法は随時払い戻しすることができます。

利息に適用される利率は、店頭に表示されているものです。金利は店頭のインフォメーションボードに掲示されており、また青森銀行の公式ホームページの「預金金利」のページでも確認をすることができます。利払いの頻度については、毎年2月と8月の第2金曜日の翌日に元金に組み込まれます。利息計算の方法については、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を100円として、1年を365日とする日割り計算を行います。利息にかかる税金は、個人の場合は利子所得として課税されます。具体的には20.315%の源泉分離課税です。これは平成49年12月31日までは、復興特別所得税が加わるためです。

青森銀行の普通預金に関する手数料としては、キャッシュカードによる支払いの場合にキャッシュカード規定に則った手数料の掛かることがあります。

青森銀行の普通預金には付加できる特約があります。まず、個人の場合は総合口座による当座貸越が利用できます。貸越利率は担保定期預金ごとの約定利率に年0.5%を加えた利率が適用されます。また国債が担保として使われる場合は「総合口座(国債担保)のご融資について」に記してある貸越利率が適用されます。総合口座とは、普通預金と定期預金がセットになった複合商品であり、多機能の通帳です。受け取ること、支払うこと、貯めること、借りること、の4つの機能をもっており、家計簿の代わりになるものです。

青森銀行の普通預金について、その他に参考となる事柄が3つあります。まず参考となる事柄の1つ目は、青森銀行によって取引の停止や預金口座の解約がなされることについてです。該当するのは、その1.預金口座の名義人が存在しないことが分かった場合、または預金口座の名義人の意思に反して作られた口座であると分かった場合です。その2.青森銀行の承諾なく、預金や通帳を質入れしたり、第三者に譲渡したり、第三者に利用させた場合です。その3.預金が法令や公序良俗に反する使われ方をしたり、使われ方をする恐れがある場合です。参考となる事柄の2つ目は、最後の預け入れや払い戻しから5年間、預金の入出金(利息決算以外)がないときには取引を停止したり口座を解約することがあるということです。参考となる事柄の3つ目は、青森銀行の普通預金は預金保険制度の対象であるということです。

ちなみに青森銀行の普通預金で公共料金などの口座振替をしたい場合には、次のものを持って取引店にまで来店します。通帳、届出印、公共料金などの領収書です。また口座振替の手続きはメールオーダーサービスを利用することでも可能です。

万が一、青森銀行の通帳や証書、そしてキャッシュカードや届出印を紛失した場合には、すぐに取引店に連絡をします(平日の9時から17時)。取引店の営業時間外であれば、青森銀行のフリーダイヤル0120-008818にまで連絡をします。フリーダイヤルの受付け時間は平日の17時から翌日9時まで、そして土日祝日です。電話連絡をしたら正式な手続きが必要となるので、取引店か最寄りの店舗にまで来店をします。この時に通帳やキャッシュカードの再発行と届出印紛失の手続きも行えます。その際に必要な持ちものは、届出印(紛失した場合には新しい届出印を作るための印鑑)、本人確認書類、再発行手数料の1,080円です。原則として本人が来店しなければなりません。

その他によくあることとして、結婚をして姓が変わった場合の手続きです。その際には取引店もしくは近くの青森銀行の店舗で変更の手続きを行います。同時に届出印の変更も行う場合には、今まで使用してきた届出印に加えて新しい届出印となる印鑑、そして通帳も持参します。

その他のケースとして、引っ越しにともない今までの取引店を変更したい場合には、今までの取引店もしくは新しい取引店となる店舗で手続きを行います。詳細は事前に青森銀行のいずれかの店舗に電話をして問い合わせると確実です。

ここで最後となりますが、青森銀行が契約をしている指定紛争解決機関は、一般社団法人全国銀行協会です。問い合わせ先は、全国銀行協会相談室で、電話番号は0570-017109 もしくは、03-5252-3772です。利用者が青森銀行との間の銀行取引で不明な点があったり、話し合いでなかなか解決が付かない問題などが発生したときには、この全国銀行協会相談室に問い合わせることが可能です。

青森銀行の普通預金を使う意味

ここからは、青森銀行の普通預金の有用性を、様々な角度からの情報をもとに考察していきます。

青森銀行の普通預金の利用を考えるのは、主に青森県に在住の方々です。青森県の地域金融機関としては、銀行の他にも信用金庫や信用組合が存在しています。ですのでここでは、銀行、信用金庫、信用組合から、それぞれの金融機関を代表する一金融機関をピックアップして、合計で3つの金融機関で比較をしていきます。

具体的な金融機関の名前は、銀行はもちろん青森銀行です。信用金庫については青い森信用組合です。信用組合については青森県信用組合です。そして比較をする項目は、預金残高、貸出金、店舗数、自己資本比率、不良債券比率についてです。ちなみに青森県の地方銀行には、青森銀行の他に「みちのく銀行」もあります。しかし、預金残高、貸出預金、店舗数などから見る銀行の規模は青森銀行が勝ります。ですので、ここでは地方銀行は青森銀行として考えます。

銀行名預金残高貸出金店舗数自己資本比率不良債権比率
青森銀行22,868億円16,595億円102店舗11.02%1.76%
青い森信用金庫6,007億円2,258億円64店舗12.95%10.86%
青森県信用組合1,700億円844億円31店舗7.49%14.02%

(平成28年3月時点)

表から読み取れますように、青森銀行は、預金残高が22,868億円、貸出金が16,595億円、店舗数が102店舗、自己資本比率が11.02%、不良債権比率が1.76%です。そして青い森信用金庫は、預金残高が6,007億円、貸出金が2,258億円、店舗数が64店舗、自己資本比率が12.95%、不良債権比率が10.86%です。そして青森県信用組合は、預金残高が1,700億円、貸出金が844億円、店舗数が31店舗、自己資本比率が7.49%、不良債権比率が14.02%です。

まとめますと金融機関としての規模は、一番大きいのが青森銀行、次が青い森信用金庫、そして一番小さいのが青森県信用組合です。これらの金融機関の間の差はかなりあります。また自己資本比率については、青森銀行と青い森信用金庫が近似値となっています。不良債権比率については、青森銀行が群を抜いて一番低い数値となっています。以上から金融機関としての規模と信頼性は、青森銀行が圧勝という結果が読み取れます。

次にここからは、3つの金融機関の預金金利を見ていきます。比べる預金商品は、普通預金とスーパー定期とスーパー定期300と大口定期についてです。

銀行名普通預金の金利スーパー定期の金利スーパー定期300の金利大口定期の金利
青森銀行0.001%0.010%0.010%0.010%
青い森信用金庫0.001%0.010%0.010%0.010%
青森県信用組合0.001%0.010%0.010%0.010%

(平成28年5月29日現在)

金利表にありますように、青森銀行の預金金利については、普通預金:0.001%、スーパー定期:0.010%、スーパー定期300:0.010%、大口定期:0.010%です。青い森信用金庫の預金金利については、普通預金:0.001%、スーパー定期:0.010%、スーパー定期300:0.010%、大口定期:0.010%です。青森県信用組合の預金金利については、普通預金:0.001%、スーパー定期:0.010%、スーパー定期300:0.010%、大口定期:0.010%です。

預金金利についてまとめますと、3つの金融機関ともまったく同じです。普通預金の金利は年0.001%です。定期預金の金利については、預け入れ金額や預け入れ期間にかかわらず、年0.010%となっています。結果として、預金金利では3つの金融機関の間に差は付きませんでした。

次に、ここからはまた別の視点として、ATMの利用手数料を見ていきます。地元に根ざした地域金融機関を使うのは、普通預金の入出金を通じて日々の生活における決済を行うことも大きな目的の一つです。そのお金のやりとりにおいて、金融機関の窓口と同等かそれ以上に、ATMを通じてのお金の入出金は頻繁に行われることになります。ですのでそのATM手数料がいくらかかるのかは、ある意味では預金金利以上に大切な問題です。

ここでは特に、その金融機関のカードを使って、その金融機関のATMを利用した場合の手数料を比較します。もっと分かりやすく言うと、青森銀行のキャッシュカードを使って青森銀行のATMを利用した場合の手数料と、青い森信用金庫のキャッシュカードを使って青い森信用金庫のATMを利用した場合の手数料と、青森県信用組合のキャッシュカードを使って青森県信用組合のATMを利用した場合の手数料を比べます。

ではまず最初に「青森銀行のATM手数料」についてです。

1.青森銀行の平日の場合は、ATMの入金手数料については7時から21時の間が無料(0円)です。それ以外の時間帯はATMでの入金の取り扱いがありません。ATMの出金手数料については、7時から8時の間は有料で108円です。8時から18時の間は無料(0円)です。18時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMでの出金の取り扱いがありません。

2.青森銀行の土日祝の場合は、ATMの入金手数料については7時から21時の間が無料(0円)です。それ以外の時間帯はATMでの入金の取り扱いがありません。ATMの出金手数料については、7時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMでの出金の取り扱いがありません。

次に、「青い森信用金庫のATM手数料」についてです。

1.青い森信用金庫の平日の場合は、ATMの入金手数料については7時から21時の間が無料(0円)です。それ以外の時間帯はATMでの入金の取り扱いがありません。ATMの出金手数料については、7時から8時の間は有料で108円です。8時から18時の間は無料(0円)です。18時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMでの出金の取り扱いがありません。

2.青い森信用金庫の土曜日の場合は、ATMの入金手数料については8時から21時の間が無料(0円)です。それ以外の時間帯はATMでの入金の取り扱いがありません。ATMの出金手数料については、8時から14時の間は無料(0円)です。14時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMでの出金の取り扱いがありません。

3.青い森信用金庫の日祝の場合は、ATMの入金手数料については8時から21時の間が無料(0円)です。それ以外の時間帯はATMでの入金の取り扱いがありません。ATMの出金手数料については、8時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMでの出金の取り扱いがありません。

最後に、「青森県信用組合のATM手数料」についてです。

1.青森県信用組合の平日の場合は、ATMの入金手数料については7時から21時の間が無料(0円)です。それ以外の時間帯はATMでの入金の取り扱いがありません。ATMの出金手数料については、7時から8時の間は有料で108円です。8時から18時の間は無料(0円)です。18時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMでの出金の取り扱いがありません。

2.青森県信用組合の土日祝の場合は、ATMの入金手数料については8時から21時の間が無料(0円)です。それ以外の時間帯はATMでの入金の取り扱いがありません。ATMの出金手数料については、8時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMでの出金の取り扱いがありません。

以上、ATMの利用手数料についてまとめますと、ATM利用可能時間帯に若干の違いはありますが、3つの金融機関においての違いはほとんどありません。唯一大きく違うのは、青い森信用金庫の場合は土曜日のATMの出金手数料について、8時から14時の間が無料(0円)な点です。このわずかな部分をどのように評価するかによって、利用者にとってのベストのATMは違ってくるでしょう。

では最後のまとめです。ここまで青森県の3つの地域金融機関(青森銀行、青い森信用金庫、青森県信用組合)について、さまざまな視点から比較をしてきました。まず預金金利については、普通預金と定期預金ともに違いはありませんでした。普通預金は年0.001%で、定期預金は預け入れ金額や預け入れ期間によらず年0.010%です。次にATM利用手数料については、青い森信用金庫に若干のメリットがありました。具体的に言うと、土曜日のATMの出金手数料が8時から14時の間は無料(0円)だということです。その他については、利用時間帯に若干の違いがあるだけで、ほぼ同じでした。そして大きく違うのが金融機関としての規模です。とくに預金残高、貸出金、店舗数において、地方銀行である青森銀行が大きく他の2つの地域金融機関に差を付けています。また不良債権比率についても青森銀行が他を引き離して低い数値です。以上から考えますと、青森県で地域金融機関を利用するのなら、規模が一番大きく信頼性もある青森銀行で口座開設をして、青森銀行の普通預金を利用するのが一番順当で堅実な考え方になると思われます。

また、付加的な情報を少し述べます。これらの3つの金融機関はそれぞれインターネット上に公式ホームページを持っています。URLをご紹介すると、

青森銀行(http://www.a-bank.jp/)
青い森信用金庫(https://www.aoimorishinkin.co.jp/)
青森県信用組合(http://www.aomoriken.shinkumi.co.jp/)

です。この3つの金融機関の公式ホームページを見ると分かりますが、デザイン性にもかなりの違いがあってレベルが分かれます。青森銀行が一番デザイン性に優れており、完成度の高い公式ホームページです。それに続くのが青い森信用金庫であり、デザイン性は少し落ちます。さらにその下となるのが青森県信用組合の公式ホームページです。こちらはデザイン性はあまりなく、手作り感のある庶民的な作りのホームページとなっています。これらの3つの金融機関の公式ホームページを見て分かりますが、デザイン性やホームページとしての完成度の高さも、金融機関の信頼性などに大きく相関するように思われます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.