鳥取銀行の普通預金

鳥取銀行の普通預金は個人と法人が利用できます。個人には個人事業主が含まれ、法人には地方公共団体や社団法人や財団法人が含まれます。通帳や届出印などの紛失、そして引っ越しや婚姻などによる種々の変更の際には、普通預金通帳を作った店舗窓口に来店して手続きをするのが基本です。

鳥取銀行の普通預金の金利

鳥取銀行の普通預金の金利は、年0.001%です。メガバンク(みずほ銀行三菱東京UFJ銀行三井住友銀行)を始めとする、日本の数多くの銀行の普通預金の金利が横並びになっており、鳥取銀行もそれと同じく年0.001%です。インターネット銀行を除く一般の銀行で、普通預金の金利が年0.001%でない銀行を探すのは非常に困難な状況となっています。

銀行名普通預金の金利
鳥取銀行0.001%
みずほ銀行0.001%
三菱東京UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%

(2017年5月26日現在)

鳥取銀行の普通預金の口座開設と解約

鳥取銀行の普通預金は商品名を「普通預金」と言います。販売対象となるのは個人事業主を含む個人と、地方公共団体や社団法人や財団法人を含む法人です。

鳥取銀行の普通預金には、預け入れ期間の制限はなく、預け入れ金額も1円から1円単位で可能です。そして預け入れの方法は随時預け入れで、払い戻しの方法は随時払い戻しです。

鳥取銀行の普通預金の利息については、適用される金利は預け入れ日の店頭表示利率です。金利については店頭窓口か、もしくは鳥取銀行の公式ホームページの「預金金利一覧」で確認ができます。利息の計算方法は、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を100円として1年を365日とする日割り計算です。利払いの頻度については、毎年2月と8月の第2金曜日に決算を行い、翌日の土曜日に利息を元金に組入れます。

利息に付く税金については、個人の場合は源泉分離課税の20.315%が徴収され、法人の場合は総合課税で15.315%が徴収されます。これらには復興特別所得税が含まれています。復興特別所得税は平成25年1月1日から平成49年12月31日まで課税されます。

鳥取銀行の普通預金に関わる手数料としては、キャッシュカードを用いた場合に、鳥取銀行所定の手数料が掛かる場合があります。鳥取銀行ではキャッシュカードの発行が可能で、キャッシュカードがあれば全国の提携金融機関で利用することができます。

鳥取銀行の普通預金に付加できる特約としては、個人の利用者の場合はマル優の取り扱いが可能です。そして、給与や年金や配当金などの自動受取、公共料金やクレジットカードなどの自動支払、さらには自動送金サービスも利用することができます。

鳥取銀行の普通預金は預金保険制度の対象であり、預金保険制度の範囲内で保護されます。普通預金の全額保護を望む場合には、決済用普通預金への切り替えができます。決済用普通預金の特徴は、預金が全額保護されることと、無利息であることです。普通預金から決済用普通預金に切り替えるときに、未払いの普通預金の利息があるのなら、切り替え時に決済用普通預金の口座に入金されます。

鳥取銀行には総合口座もあります。総合口座とは普通預金と定期預金が1つの通帳にセットになったもので、総合口座にも普通預金はあります。総合口座の大きな特徴の一つに、普通預金の残高が引き出しや支払いで不足した時に、定期預金を担保として借入れができることです。金額の上限は、担保となる定期預金の合計金額の90%もしくは500万円のどちらか少ない方です。貸越利率は定期預金の約定利率に0.5%を上乗せした利率です。

万が一のことですが、もし鳥取銀行の普通預金通帳を解約したくなった場合には、次のものを持って最寄りの鳥取銀行の窓口に来店します。普通預金通帳、届出印、キャッシュカードです。場合によっては、写真付きの公的な証明書が必要になる場合もあります。

普通預金通帳の解約ではなくて、普通預金通帳を紛失してしまった時には、すぐに「とりぎんダイレクトマーケティングセンター」に電話をします。電話番号は0120-86-6915で、受付け時間は平日9時〜19時です。連絡後は通帳を作った取引店へ正式な届けを出すために来店します。その際に必要な持ちものは、届出印、顔写真の付いた公的な証明書(運転免許証、住民基本台帳カードなど)です。通帳を再発行する場合には、再発行手数料として1,080円が必要です。ただし、証書の再発行は原則としてできません。

普通預金通帳の他にもなくす可能性のあるものはあります。まずは届出印です。届出印をなくした場合にも、すぐにとりぎんダイレクトマーケティングセンターに電話をします。すると普通預金通帳が不正に使われることを防ぐための手続きが行われます。そして連絡後は正式な手続きをするために、次のものを持って通帳を作成した店舗の窓口に来店します。新しい届出印となる印鑑、通帳、写真付きの公的な証明書です。ちなみに届出印を変更したい場合には、次のものを持って来店します。今まで使っていた届出印、新しい届出印となる印鑑、印鑑の変更を行いたい通帳です。手続きが終われば即日で新しい届出印が使えるようになります。

それからキャッシュカードを無くした場合にも、すぐにとりぎんダイレクトマーケティングセンターに電話をします。これはキャッシュカードの不正利用を防ぐためです。それから次のものを持って、カードを作った店舗窓口にまで来店します。届出印、カードとセットになっている通帳、写真付きの公的な証明書です。

その他にもよくあるのが引っ越しをした場合です。引っ越しで住所や電話番号が変わった場合には、本人が次のものを持って通帳を作った店舗の窓口に来店します。通帳、届出印、新しい住所が確認できる運転免許証などの公的な証明書です。それに加えて、新しい住所の記された税金や公共料金などの領収書もあれば完璧です。

結婚して名前が変わった時にも変更の手続きが要ります。この場合の名義変更は、以下のものを持って本人が通帳を作った店舗の窓口に来店します。古い名義の通帳、キャッシュカード、今まで使っていた届出印、新しい届出印となる印鑑、結婚によって姓名が変わったことが証明できる書類(新旧の姓名が記されている運転免許証や戸籍抄本など)、さらに結婚による住所の変更がある場合には新旧両方の住所が記されている書類(住民票や戸籍の符票等)も必要です。もしキャッシュカードを持っているのなら、古いカードは返却をして新しいカードが発行されます。

最後にぜひ知っておきたいのは、鳥取銀行が契約をしている指定紛争解決機関は、一般社団法人全国銀行協会だということです。連絡先は全国銀行協会相談室で、電話番号は、0570-017109 もしくは、03-5252-3772です。

鳥取銀行の普通預金を使う意味

それでは、鳥取銀行の普通預金について、口座開設をして使うだけの意味があるものなのかどうかを考察していきます。

銀行の普通預金というものは、地元にある大手都市銀行の支店や、インターネット銀行の普通預金を選ぶという選択もあります。また事実、それらの普通預金には人気があります。しかし、その地域に地盤をもつ銀行の口座も、一つは開設をしておくべきです。身近で実際に顔を合わすことも可能な地元の銀行は、何かと心強いものです。

鳥取県には地域銀行は1つだけ存在しており、それが鳥取銀行です。ここでは比較のために、鳥取県にある規模の大きな2つの信用金庫(鳥取信用金庫と米子信用金庫)にも着目します。

これらの鳥取銀行、鳥取信用金庫、米子信用金庫について、「預金残高、貸出預金、店舗数、自己資本比率、不良債権比率」について比較していきます。

銀行名預金残高貸出金店舗数自己資本比率不良債権比率
鳥取銀行9,084億円7,219億円67店舗10.76%1.56%
鳥取信用金庫1,708億円1,005億円18店舗7.41%6.53%
米子信用金庫1,890億円1,104億円16店舗8.84%4.36%

(平成28年3月時点)

表から読み取れるように、鳥取銀行は、預金残高が9,084億円、貸出金が7,219億円、店舗数が67店舗、自己資本比率が10.76%、不良債権比率が1.56%です。そして鳥取信用金庫は、預金残高が1,708億円、貸出金が1,005億円、店舗数が18店舗、自己資本比率が7.41%、不良債権比率が6.53%です。そして米子信用金庫は、預金残高が1,890億円、貸出金が1,104億円、店舗数が16店舗、自己資本比率が8.84%、不良債権比率が4.36%です。

まとめますと、金融機関としての規模は、鳥取銀行が残りの2つの信用金庫を大きく上回っていることが分かります。特に鳥取銀行の店舗数が鳥取信用金庫(18店舗)や米子信用金庫(16店舗)に比べて随分多い(67店舗)ことが目に付きます。

次に、3つの金融機関の預金金利についても見ていきます。ここで比較する金融商品は、普通預金と、スーパー定期(1年もの)、スーパー定期300(1年もの)、大口定期(1年もの)です。今は日本銀行のインフレ政策の真っ最中ですので、短期であり、定期預金の基本である1年ものに着目するのが良いと考えました。

銀行名普通預金の金利スーパー定期の金利スーパー定期300の金利大口定期の金利
鳥取銀行0.001%0.025%0.025%0.030%
鳥取信用金庫0.001%0.025%0.025%0.030%
米子信用金庫0.001%0.025%0.025%0.030%

(平成28年5月26日現在)

鳥取銀行の預金金利については、普通預金:0.001%、スーパー定期:0.025%、スーパー定期300:0.025%、大口定期:0.030%です。鳥取信用金庫の預金金利については、普通預金:0.001%、スーパー定期:0.025%、スーパー定期300:0.025%、大口定期:0.030%です。米子信用金庫の預金金利については、普通預金:0.001%、スーパー定期:0.025%、スーパー定期300:0.025%、大口定期:0.030%です。

以上から分かるように、預金金利については3つの金融機関ともにまったく同じ金利です。現在、日本の大手都市銀行の定期預金の金利は、預け入れ期間や預け入れ金額に関係なく、年0.01%となっています。それに比べると、鳥取県の3つの金融機関の定期預金の金利はかなり高いです。ただ、3つの金融機関の間に金利の差はありません。

そして次に比較する項目は、ATMの利用手数料です。特に、ATMの入金手数料と出金手数料を見ていきます。地元に基盤をもつ地域金融機関に口座を作り、そして普通預金を利用するのなら、当然のこととしてお金の入出金を頻繁にすることが予想されます。その際の入出金の手段としては、金融機関の窓口の他にATMを利用することが普通でしょう。ですので1回1回のATMの入出金手数料がいくら掛かるかによって、年間で見た負担額は大きく異なってきます。決して、おろそかにはできない項目です。

それではまず、「鳥取銀行のATM手数料」についてです。

1.鳥取銀行の平日の場合は、ATMの入金手数料については無料(0円)です。ATMの出金手数料については、8時から8時45分の間は有料で108円です。8時45分から18時の間は無料(0円)です。18時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMの取り扱いがありません。

2.鳥取銀行の土日祝の場合は、ATMの入金手数料については無料(0円)です。ATMの出金手数料については、9時から19時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMの取り扱いがありません。

次に、「鳥取信用金庫のATM手数料」についてです。

1.鳥取信用金庫の平日の場合は、ATMの入金手数料については無料(0円)です。ATMの出金手数料については、8時から8時45分から18時の間は無料(0円)です。18時から21時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMの取り扱いがありません。

2.鳥取信用金庫の土曜日の場合は、ATMの入金手数料については無料(0円)です。ATMの出金手数料については、9時から14時の間は無料(0円)です。14時から19時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMの取り扱いがありません。

3.鳥取信用金庫の日祝の場合は、ATMの入金手数料については無料(0円)です。ATMの出金手数料については、9時から19時の間は有料で108円です。それ以外の時間帯はATMの取り扱いがありません。

最後に、「米子信用金庫のATM手数料」についてです。

1.米子信用金庫の平日の場合は、ATMの入金手数料については無料(0円)です。ATMの出金手数料については、18時までは無料(0円)です。18時以降は有料で108円です。

2.米子信用金庫の土曜日の場合は、ATMの入金手数料については無料(0円)です。ATMの出金手数料については、14時までは無料(0円)です。14時以降は有料で108円です。

3.米子信用金庫の日祝の場合は、ATMの入金手数料については無料(0円)です。ATMの出金手数料については、終日有料で108円です。

以上をまとめますと、ATMの入金手数料に関しては、3つの金融機関ともに無料(0円)です。そしてATMの出金手数料に関しては、土曜日について鳥取銀行は終日有料で108円かかりますが、鳥取信用金庫と米子信用金庫は土曜日でも14時までは無料(0円)なのでお得です。その他の違いはありません。なお米子信用金庫については、ATMの利用可能時間が店舗によってケースバイケースなので、その点はご注意ください。

ここまで、鳥取銀行と鳥取信用金庫と米子信用金庫をさまざまな角度から見てきました。結論的には、預金金利について3つの金融機関は同じです。ATMの利用手数料については、鳥取信用金庫と米子信用金庫が土曜日の日中(14時まで)も無料(0円)で引き出せるのでお得だと分かりました。

さらに金融機関としての規模(スケール)は圧倒的に鳥取銀行が勝っています。とくに店舗数が67店舗もあり、鳥取信用金庫(18店舗)と米子信用金庫(16店舗)を大きく引き離しています。これは鳥取銀行なら、身近に支店のある確率が高いということでもあります。加えまして自己資本比率と不良債権比率も鳥取銀行の方が優れています。

以上を総合的に考えますと、鳥取県で普通預金を使う金融機関を考えたとき、規模の大きさ、そして安全性・健全性などの要因から、やはり鳥取銀行の普通預金を選ぶのが一番だと思われます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.