中国銀行の資産運用

中国銀行の資産運用商品は、投資信託、公共債、外貨預金の3つです。

中国銀行の資産運用商品

中国銀行の資産運用商品は、投資信託、公共債、外貨預金の3つに分類することができます。

資産運用商品のうち中国銀行が最も力を入れているのが投資信託です。投資信託とは、運用の専門家に自分の資金を預け、運用してもらう商品です。中国銀行では様々な顧客ニーズに対応できるよう、色々な証券会社の金融商品仲介業務を担い、多彩なファンドを取り扱っています。またインターネットバンキングでも盛んに投資信託商品のキャンペーンを実施しています。

中国銀行の資産運用商品の中で、安全性が高くて初心者向きであるものが、公共債です。公共債とは、国や地方自治体が資金を集めるために発行する債券、つまり借用証明書のようなものです。国が発行する債券を「国債」、地方自治体が発行する債券を「地方債」と呼び、これらを総称して「公共債」といいます。公共債券は、日本政府や地方公共団体が発行するものであるため、信頼性が高く、運用商品の中では安全性が高い商品であると言われています。中国銀行では、個人向け国債、利付国債、地方債の3つの公共債を取り扱っています。

中国銀行は資産運用商品として外貨預金も取り扱っています。取り扱い通貨は、米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、人民元となっていおり、外貨普通預金と外貨定期預金の二つの預金を選ぶことができます。外貨預金は、金利が高く設定されており、為替変動の結果によっては為替差益を受け取ることができるというメリットがあります。その一方で、ペイオフ対象外であり、円に換金する際の手数料が高く、為替変動リスクがある、というデメリットも持っています。利息が多くても、手数料や為替差損により結果的に元本割れを引き起こしてしまう場合もありますので、注意が必要です。

このように、中国銀行では資産運用商品を数多く取り扱っていますが、元本割れのリスクを持っています。中国銀行で資産運用を始める際には、まずそれぞれの運用商品の特徴やメリット・リスクを理解することが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.