中国銀行の貯蓄預金

中国銀行の貯蓄預金には、スーパー貯蓄預金と貯蓄預金[年金優遇型]の2つのタイプがあります。スーパー貯蓄預金を利用できるのは個人に限ります。そして貯蓄預金[年金優遇型]を利用できるのは、中国銀行で公的年金の自動受取をしている方、もしくは制度上公的年金の受取資格のない65歳以上の在日外国人の方に限られています。

スーパー貯蓄預金と貯蓄預金[年金優遇型]

中国銀行の貯蓄預金は商品名を「貯蓄預金」と言い、愛称は「スーパー貯蓄預金」です。販売の対象となるのは個人のみで、預け入れの期間に定めはありません。また中途解約時の取り扱いにも定めはありません。

スーパー貯蓄預金の口座開設は、中国銀行の各店舗で行うことができます。その際に必要な持ちものは次の通りです。1.既に中国銀行に口座を持っている場合は、届出印と印鑑です。2.まだ中国銀行の口座を持っていない場合は、届出印と本人確認書類(パスポート、健康保険証、運転免許証など)です。届出印はゴム印やシャチハタ印は不可で、本人確認書類は有効期限内のものに限ります。

中国銀行のスーパー貯蓄預金の預け入れ金額は1円以上で、預け入れの単位は1円です。預け入れの方法は随時預け入れで、払い戻しの方法は随時払い戻しです。さらにキャッシュカードでも預け入れと払い戻しが可能となっています。

中国銀行のスーパー貯蓄預金に適用される金利は変動金利です。そして4段階の金額階層別金利設定が設けられています。具体的には、10万円未満、10万円以上〜30万円未満、30万円以上〜100万円未満、100万円以上〜です。毎日の最終残高がそれぞれの金額階層に該当する期間について、当該期間の店頭に表示されているそれぞれの利率が適用されます。

毎年の2月の第二土曜日の翌日から8月の第二土曜日までと、8月の第二土曜日の翌日から翌年の2月の第二土曜日までの期間について、この貯蓄預金から払い戻しがなかった場合について考えます。その時には、当該期間において最終残高が10万円以上になった場合に対して、金額階層別金利設定の利率に店頭に表示されている上乗せ金利が加えられます。金額階層別金利設定の金利と上乗せ金利は、中国銀行ホームページの「ホーム > 金利 > 円預金金利 > 貯蓄預金 > スーパー貯蓄預金」で確認することができます。

中国銀行のスーパー貯蓄預金の利払いの頻度は、毎年2月と8月の中国銀行所定の日です。そして利息計算の方法は、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を1円として1年を365日とする日割り計算で算出します。それから貯蓄預金の利息にかかる税金は、20%の源泉分離課税です。ただし、平成25年1月1日から平成49年12月31日までは復興特別所得税の0.315%が追加で課税されます。

中国銀行のスーパー貯蓄預金に掛かる手数料に関しては、キャッシュカードを利用した支払いなどについては、キャッシュカード規定に則った手数料の掛かることがあります。また中国銀行の貯蓄預金に付加できる特約事項には2つあります。まず1つ目はマル優の取り扱いができることです。2つ目は、総合口座や普通預金口座から貯蓄預金に資金を移動させることのできるスウィングサービスの利用ができることです。ただし残念ながら平成28年2月1日以降は、スウィングサービス新規の受付が中止となっています。

その他の参考になる事柄としては、中国銀行のスーパー貯蓄預金は総合口座の取り扱いができません。それから、公共料金などの自動支払や、給与・公社債元利金・年金などの自動受取口座としては使えません。また、このスーパー貯蓄預金は預金保険制度の対象となる預金です。しかし決済用預金とは違って、全額保護はされません。一利用者が一金融機関について、他の保護される預金と合算をして1,000万円までの元本とその利息についてのみが保護されます。

もし中国銀行のスーパー貯蓄預金について不明な点があれば、中国銀行のテレフォンバンキングセンターに問い合わせをすることができます。フリーダイヤル0120-234-273で、平時は9時〜20時、土日祝と休日は9時〜17時が受付け時間です。ただし、1月1、2、3日、5月3、4、5日、12月31日は除きます。

ちなみに、中国銀行が契約をしている指定紛争解決機関は一般社団法人全国銀行協会です。もしスーパー貯蓄預金について中国銀行との間にトラブルなどが発生した場合には、全国銀行協会に相談することができます。その際の問い合わせ先は「全国銀行協会相談室」です。電話番号は、0570-017109 もしくは、03-5252-3772です。

ここで、中国銀行にはもう一種類、特別な貯蓄預金があるので、ご紹介をします。その貯蓄預金の愛称は「貯蓄預金[年金優遇型]」と言います。この貯蓄預金[年金優遇型]を利用できるのは、公的年金の自動受取口座を中国銀行に指定している方、もしくは制度上、公的年金受取資格を持たない65歳以上の在日外国人の方に限ります。

貯蓄預金[年金優遇型]に適用される金利は変動金利ですが、金額階層別金利設定がスーパー貯蓄預金とは異なります。具体的には、2段階の金額階層別金利設定となっており、10万円未満と10万円以上の2つに分かれています。この金利も、中国銀行ホームページの「ホーム > 金利 > 円預金金利 > 貯蓄預金 > 貯蓄預金【年金優遇型】」で確認することができます。

貯蓄預金[年金優遇型]の取り扱いは、一人一口座となっており、公的年金を受け取っている方はその年金自動受取を指定している店舗での利用となります。そしてもし、公的年金の自動受取の指定を外した場合には、金利はスーパー貯蓄預金のものが適用されることになります。その他の貯蓄預金[年金優遇型]の事柄に関しては、スーパー貯蓄預金に準じます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.