ゆうちょ銀行のATM

ゆうちょ銀行のATMは、日本国内に約2万7000台も設置されています。

提携金融機関のATMとの相互接続も可能

ゆうちょ銀行のATMは、日本国内に約2万7000台設置されています。会社で転勤などをした場合は、今まで利用していた金融機関が新しい自宅や会社の近くにない確率が高くなります。そんな時には以前利用していた銀行などを解約して、新規の口座開設が必要になります。しかし、ゆうちょ銀行なら北海道から沖縄まで全国に店舗があります。たとえ引っ越しで住所が変わっても、金融機関の口座を変更する手間などがありません。

ゆうちょ銀行のATMは、通常貯金への入出金はもちろん、定額貯金定期貯金の預入もできます。そして、ゆうちょATMの利用なら、引き出し手数料やゆうちょ銀行の口座間での送金(電信振替)が365日いつでも無料のATMサービスを行っています(2016年(平成28年)9月30日まで)。

ゆうちょ銀行のATMと提携金融機関等のATMのシステムを相互接続することで、お互いのATMでキャッシュカードの取扱いも可能になっています。ちなみに、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを使って提携金融機関のATMで預入や払戻しをした場合、平日の8:45〜18:00と土曜日の9:00〜14:00までは、108円のATM手数料が必要です。それ以外の時間は216円になります。

残高照会はいつでも手数料無料で行えます。また、提携金融機関のキャッシュカードをゆうちょ銀行のATMで利用した場合のATM利用手数料は、提携金融機関により異なります。

ゆうちょ銀行のATMは日本中にありますが、郵便局に併設されているATMだと営業時間が限られてきます。そんな不満を解消するために2014年(平成26年)11月からファミリーマート店内に、ゆうちょATMの設置がスタートしました。首都圏、関西圏のファミリーマート約500店舗に順次登場する予定です。このゆうちょATMでは、通常貯金の入出金手数料が365日いつでも無料で利用できます。

ゆうちょ銀行のATM

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.