個人向け国債について

個人向け国債は日本国が発行する債券で、個人に国債を購入してもらうための金融商品です。

債券の中でも極めてリスクが少ない金融商品

個人向け国債とは日本国が発行する債券で、個人にも国債を購入してほしいという考えから導入されました。最近は銀行の定期預金の金利よりも低くなっているので魅力はあまり感じられません。けれども高金利な設定がされれば、とたんに魅力倍増の金融商品になります。個人向け国債は毎月発行されているので、募集期間には金利のチェックをしておきたいです。

個人向け国債も、他の国債と同じように日本国が発行する債券です。個人向け国債を購入するのは、いわば国に投資をすることとイコールになります。債券はデフォルト(債務不履行)すると、一瞬で紙くず同然になってしまいますが、日本国が明日、明後日、または1年後にデフォルトする心配はありません。そのため個人向け国債は、債券の中でもリスクが少ない商品です。このような安心感を持つ商品として個人投資家に大きくアピールされています。

そして個人向け国債の投資家へのメリットは、金利が保証されている点です。個人向け国債には、固定3年、固定5年、変動10年があります。固定金利型はもちろん、変動金利型でも最低金利が保証されています。そのため個人向け国債の金利の元となる基準金利が低くなっても、利率がゼロやマイナスになる心配がありません。

個人向け国債は、証券会社、銀行、農林系金融機関、信用組合信用金庫、労働金庫などで購入ができます。インターネットを利用してSBI証券楽天証券などのネット証券からも手軽に購入ができます。また、三井住友銀行やりそな銀行といった都市銀行、スルガ銀行などの地方銀行からでもネット経由で購入が可能です。

さらに、販売している金融機関の中には、個人向け国債の販売キャンペーンを定期的に行っている所もあります。金利を他の金融機関よりも高く設定することはできませんが(国債の金利はどの金融機関で購入しても同一です)、一定以上の金額を購入するとキャッシュバックがされる特典などもあります。

個人向け国債の基礎知識

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.