福島銀行のF-One Card

福島銀行のF-OneCardは、多機能キャッシュカードです。

福島銀行のF-OneCardは多機能で高セキュリティ

福島銀行のF-OneCardは、クレジットカード機能とデビットカード機能を兼ね備えた多機能キャッシュカードです。キャッシュカードの発行会社は福島銀行の関連会社である福島カードサービスであり、クレジットカード会社は「VISA」または「MasterCard」の2種類の中からいずれかを選ぶことができます。

キャッシュカードの種類としては、ベーシックな「一般カード」と、25歳以上で年収500万円以上の安定した収入のある人限定の「ゴールドカード」、申込人と生計を同一にする配偶者・両親・子供(高校生を除く18歳以上)を対象とした「家族カード」の3種類が取り扱われています。ただし、家族カード会員の場合はクレジットカードのみの発行となっています。また、高速道路等の有料道路をキャッシュレスで通過できる「UC ETCカード」も取り扱っています。

福島銀行のF-OneCardは、多機能であるだけでなく、偽造や不正な読み取りがされにくいICチップが搭載されている等、セキュリティ面も強化されています。またキャッシュカードの暗証番号も銀行ATMでいつでも簡単に変更することができ、クレジットカードの暗証番号も窓口に依頼することで変更が可能です。カード使用者サイドでも暗証番号を定期的に更新する等、セキュリティに対して高い意識を持つことで、スキミング等による不正利用のリスクを大きく低減することができます。

さらに福島銀行のF-OneCardには、銀行の取引状況に応じてATMの時間外手数料がキャッシュバックされるサービスがついてます。キャッシュバック対象となるためには、1.預金残高が30万円以上あり、2.給与振込か年金振込のいずれかの取引をしていて、3.F-OneCardの契約者、個人ローン利用者、公共料金自動振替3件以上、のいずれかに該当する必要があります。つまり、福島銀行をメインバンクとして活用して取引件数を多くすることにより、ATM手数料が割引されお得に利用することができるのです。

また福島銀行のF-OneCardは、全国のJ-Debit加盟店で、デビットカードとしても利用することが可能です。インターネットショッピング等で、クレジットカードを利用するのが不安な場合や使い込みが心配な場合でも、即時引き落としで、口座の残高分しか利用できないデビットカードであれば安心して利用することができます。

このように福島銀行のF-OneCardは、単に多機能なだけでなく、高いセキュリティを持っており、他サービスと併用することによりお得に利用できる利便性の高いカードなのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.