JAバンクのサービス

JAバンクのサービスは、様々な顧客ニーズに対応しています。

顧客の視点に立った利便性の高いサービスを提供

JAバンクのサービスは、口座取引の利便性を向上するものから、貯蓄や融資に関するものまで、様々な顧客ニーズに対応しています。

1.給与受取サービス

JAバンクの給与受取サービスは、指定したJAバンクの口座に、自動的に給与を降り込むサービスです。JAバンクは、全国に約8,300店も展開されている上、手数料無料で利用することができるATMが約90,000台もあります。そのため、JAバンクを給与受取口座にしておくと、全国どこででも便利に出金や振込等の口座取引を利用できます。

2.年金受取サービス

JAバンクの年金受取サービスは、国民年金や厚生年金等の各種年金を自動的に指定した口座に降り込むサービスです。JAバンク宮城のように、新規指定のキャンペーンを実施しているところや、JAバンク三重のように退職金専用の定期貯金とセットで申し込むと、定期貯金の金利が上乗せされるといったサービスを提供しているところもあります。年金受取サービスの利用を検討している場合は、一度JAバンクサイトのキャンペーン情報を確認すると良いでしょう。

3.JAカード

JAバンクでは、多彩なサービスを受けることができるクレジットカード「JAカード」を提供しています。JAカードは、初年度年会費が無料であり、取引状況によっては、次年度の年会費も無料となります。さらに、JAカードの提示により、全国にある農協観光協定の優待施設で、割引等の優待サービスを受けることができます。さらに「ロードアシスタンスサービス」を付加することにより、事故やパンクといった自動車のトラブルに対し、一定条件まで無料のサポートサービスを受けることが可能となります。

4.住宅ローン相談会

JAバンクでは、JA住宅ローンの利用を検討している人向けに、定期的に住宅ローン相談会を開催しています。相談会のスケジュールは、JAバンクサイトの「住宅ローン相談会ページ」で確認することができます。また、JAバンクサイトでは、自分のライフプランに合わせたローンのシミュレーション行うことができるローンシミュレーションサービスも提供しています。

5.災害等相談窓口

JAバンクならではのサービスとして「災害等相談窓口」があります。自然災害等によって、被害を受けた農業者を対象に、融資等に関する相談を受付ける、というサービスです。台風や土砂崩れ等による作物被害は、農業者にとって死活問題です。そうした被災者を救済する「災害等相談窓口」は、農業者の相互扶助を目的として組織されたJAだからこそのサービスだと言えます。

このように、JAバンクのサービスは、顧客の視点に立った利便性の高いものが多く取り扱われています。中でも「災害等相談窓口」は、協同組織であるJAならではの、相互扶助の理念にあふれたものだと言えるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.