個人向け国債3年

個人向け国債3年は、日本政府(財務省)が発行している金融商品です。

固定5年や変動10年よりも買いやすい固定3年

個人向け国債3年は、2010年(平成22年)7月に誕生した比較的新しい国債です。正式名称は「個人向け利付国庫債券」といいますが、通称として個人向け国債3年、さらに縮めて固定3年などと呼ばれています。個人向け国債3年は、日本政府(財務省)が発行している金融商品です。

個人向け国債は個人の投資家のみが購入できる債券です。その個人向け国債の中で、金利が固定制で3年間運用されるのが個人向け国債3年です。そして個人向け国債の中では、満期までの期間が一番短いタイプになります。今までは5年、10年と期間の長い2つの国債から選ぶようになっていましたが、固定3年の登場でさらに購入がしやすくなりました。また、個人向け国債すべての特徴にもなりますが、販売単価が1万円からと手軽に投資できる金額になっています

個人向け国債3年は固定金利なので、発行された時の利率で3年間半年毎に利子が支払われます。そのため満期の3年後にはどれぐらいの利子になるのか、最終的な投資結果が事前に把握できます。また、3年後に子供の教育費に利用したいなど、お金の使い道を明確にできるので計画的な投資も可能です。

個人向け国債3年は毎月発行されていて、詳細は財務省のホームページで確認ができます。個人向け国債は毎月初頭から月末まで募集期間があって、金利もその都度変わります。気になる金利は、国債の募集開始日の前営業日に発表されます。

個人向け国債3年は、証券会社や銀行などで購入できます。とくにネット証券SBI証券楽天証券は、キャッシュバックキャンペーンやポイント優待キャンペーンなどを開催しているので、その他の金融機関で購入するよりもお得感があります。

個人向け国債3年

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.