MICSとインターネット専業銀行

インターネット専業銀行は、MICS非提携金融機関です。

インターネット専業銀行ならではの提携先

インターネット専業銀行は、MICS非提携金融機関となっています。そのため、ジャパンネット銀行をはじめ、住信SBIネット銀行ソニー銀行楽天銀行等のインターネット専業銀行の銀行カードは、個別にATM提携をしていない限り、都市銀行や地方銀行、JAバンク等のATMでは使用することができません。

インターネット専業銀行がMICSと提携していない理由については、MICSに接続するためにかかる加盟費用やネットワーク維持費用が高いためであるとか、銀行業界の閉鎖的な体質が新興の金融機関を拒んでいるためであるとか、諸説ありますが、ここでは別の切り口からみていきます。

インターネット専業銀行は、MICSの誕生から10年後の、2000年の秋に誕生しました。ちょうどその時期は、1年前に誕生した日本で最初のコンビニATM運営企業「イーネット」が、都市銀行地方銀行を中心に提携先を広げ、本格的なサービスを展開し始めた時期でもあります。

オンライン上で残高照会や振込などの銀行取引を行うことにより、窓口へ行かずとも、24時間いつでも取引ができる「ネットバンキング」を売りにしているインターネット専業銀行が、MICSへの接続ではなく、24時間稼働やATM利用手数料の無料化等、新しいサービスを提供しているコンビニATMとの提携を選んだのは、ごく自然な流れのように思われます。

また、インターネット専業銀行の多くが、ゆうちょ銀行のATMと提携しています。全国各地に支店やATMを持つゆうちょ銀行のネットワークがあれば、全国を網羅するMICSのネットワークを利用できない、というデメリットを十分補うことができるでしょう。

インターネット専業銀行は、MICSと提携していないため、MICS提携金融機関のATMは全く使えないのかというと、そうではありません。インターネット専業銀行は、それぞれの銀行と個別に提携することにより、ATMの利用を可能にしています。

例えば、ジャパンネット銀行は、主要株主である三井住友銀行と提携しているため、ジャパンネット銀行の銀行カードで三井住友銀行のATMを利用することができます。この他にも、楽天銀行はみずほ銀行と提携しており、ソニー銀行は三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行と提携しています。

このように、インターネット専業銀行は、MICS接続していない分、取引時間や手数料の点で優位性のあるコンビニATMや全国にネットワークを持つゆうちょ銀行と提携すると共に、MICS提携金融機関の一つである主要都市銀行とも個別提携することによって、顧客の利便性を向上させているのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.