ペイジーのメリット

ペイジーのメリットには、主なものが4点あります。

ペイジーはメリットの多い、次世代型の決済手段

ペイジーの主なメリットとして、以下の4点を挙げることができます。

メリット1:色々な支払いに対応

ペイジーのメリットの一つとして、色々な支払いに対応している点が挙げられます。国や都道府県などの地方公共団体や国内の様々な企業が、ペイジーの収納機関となっています。つまり、「Pay-easyマーク」がついている納付書・請求書であれば、国への支払いにも、企業への支払いにも、ペイジー収納サービスを利用することができるのです。具体的には、自動車税や住民税・固定資産税といった税金や、国民年金や生命保険などの保険料、携帯電話料金やNHK受信料といった公共料金の支払いに、ペイジーを利用することが可能です。年度末の面倒な確定申告も、ペイジーを使えば簡単に行うことができます。ペイジーで電子納税すれば、難解な書類に細かく記入する手間も、窓口に長時間並ぶ手間も省くことができます。

メリット2:ネットショッピングやネットオークションにも対応

今や私たちの生活に欠かせなくなった、ネットショッピングやネットオークション。これらのネットビジネスに対応している点も、ペイジーのメリットとして挙げることができます。ペイジーは、多くのインターネットショッピングモールや、カード会社・収納代行会社にも導入されています。そのため、Amazonや楽天市場等のオンラインストアでの買い物、映画やコンサートのオンラインチケット購入、そしてヤフオクや楽天オークションなど、様々な支払いにペイジーを利用することができます。

メリット3:ほとんどの金融機関のATMで利用可能

ほとんどの金融機関のATMでの利用が可能である点も、ペイジーのメリットの一つです。都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行等の銀行をはじめ、信用金庫や信用組合、農業協同組合といった、預金取扱い金融機関のほとんどが、ペイジーを運営している「マルチペイメントネットワーク」に加盟しています。そのため、国内の金融機関の口座を一つでも所有していれば、ペイジーを利用することができます。

メリット4:インターネットバンキングに対応

ペイジーは、インターネットバンキングにも対応しています。そのため、パソコンやスマートフォン、携帯電話から、24時間いつでも、どこからでもペイジーを利用することができます。わざわざ平日に銀行窓口やATMにでかけて、長時間順番待ちをする必要もありませんし、コンビニ決済をするために、夜中にコンビニまで足を運ぶ必要もないのです。自宅や会社から、自分の都合のよいタイミングで支払いを行うことができるという点も、ペイジーの大きなメリットであると言えます。

このように、ペイジーは多くのメリットを持つ、次世代型の決済手段だと言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.