ペイジーで支払う

ペイジーで支払うことができるのは、「Pay-easyマーク」のある納付書や請求書です。

ペイジーで支払うには、金融機関のATMを利用する

ペイジーの支払いサービスは、国や地方自治体、様々な企業や収納代行会社に導入されています。そのため、「Pay-easyマーク」がついた納付書・請求書であれば、税金や公共料金等、様々な料金をペイジーで支払うことができます。

ペイジーで支払う際には、金融機関のATMを利用する必要があります。ペイジーは、メガバンクや地銀・第二地銀をはじめ、ゆうちょ銀行や信用金庫や農協など、日本にあるほとんどの金融機関のATMで利用することができますので、全国どこででも、ペイジーの料金支払いサービスを利用することが可能です。

ペイジーで支払う際には、キャッシュカード払いと現金払いの二つの支払い方法を利用することができます。ただし、現金での支払いについては、利用時間帯や利用金額などに制限があるので、利用する金融機関のサイトなどで、あらかじめ確認する必要があります。また、ATMの取引手数料も、基本的には無料ですが、一部の金融機関においては、時間外手数料をとられる場合があります。

また、ほとんど全ての金融機関と提携しているペイジーですが、セブン銀行やイーネット等のコンビニATMには対応していません。少し不便ではありますが、ペイジーで支払う際には、金融機関のATMを利用する必要があります。

ペイジーで支払う際に、インターネットバンキングやモバイルバンキングを利用することもできます。インターネットバンキングを利用すれば、自分のパソコンやスマートフォンや携帯電話から、いつでも自分の都合の良い時に、支払いを済ませることが可能です。ペイジーが利用できる金融機関を探して、ATMまで足を運ぶ必要もありませんので、急ぎの支払いにもスピーディーに対応することができます。

インターネットバンキングを利用すれば、ネットショップで購入した商品や、ネットオークションで落札した品物の代金も、簡単にペイジーで支払うことができます。ネットショッピングでクレジットカードを利用するのに抵抗があるという人も、金融機関の口座から即時決済するペイジーであれば、抵抗なく利用することができるでしょう。このように、ペイジーの支払いサービスは、私たちの生活の利便性を高める、スマートな決済手段だと言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.