貯蓄預金の特長

貯蓄預金の特長は、貯蓄目的なのに資金の出し入れが自由な点です。

貯蓄預金は、高い流動性と高い金利を両立

貯蓄預金の特長は、貯蓄を目的にする預金であるのに、資金の出し入れが自由にできる、という点にあります。貯蓄預金は、普通預金や当座預金と同じく、「要求払預金」に分類されています。要求払預金とは、預金期間が定められておらず、預金者の要求に応じて払い戻しが行われる預金であり、お金の流動性が高いことから「流動性預金」とも呼ばれています。

いつでも預け入れや払い戻しを行うことができるため、要求払預金の多くは、家計管理の口座や、支払い口座として利用されています。貯蓄預金も、1円以上1円単位で自由に資金の出し入れを行うことが可能であるという特長をもっていますので、日々のお金を管理するための口座として便利に利用することができます。

ただし、貯蓄預金は、公共料金の引き落としや、クレジット代金等の自動支払いに対応していない上、給与や年金の振込口座として利用することもできません。要求払預金であるのに、決済口座としての利用ができないという点は、貯蓄貯金のデメリットの一つとなっています。

また、貯蓄預金の特長として、出し入れが自由であるのに、利息は高めであるという点が挙げられます。要求払預金のように流動性の高い預金は、銀行側からしてみれば運用しにくい資金であるため、一般的に金利は低めに設定されています。ところが貯蓄預金は、独自の金利システムをとることにより、普通預金よりも高い金利を実現しています。

貯蓄預金の金利システムは「金額階層別金利型」と「金額別金利型」の二つに分類することができます。「金額階層別金利型」とは、預金残高に応じて金利があがっていく商品です。一方、「金額別金利型」は、銀行が定めた基準金額以上の預金をすると、金利が高くなるという商品です。

これらはいずれも、預金額に応じて金利が上昇するという、貯蓄預金の特長となっている金利システムです。つまり、貯蓄預金は預け入れ期間を自由にした分、預入金額に一定の条件をもたせることにより、高い金利を実現しているのです。そのため、金融機関によっては、預金が基準金額を下回ると、普通預金以下の金利が適用されてしまう場合があります。

高い流動性と高い金利を両立する貯蓄預金は、普通預金と定期預金の特長を併せ持った、いいとこどりの預金である、ということができるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.