貯蓄預金の金利

貯蓄預金の金利は、「金額階層別金利型」と「金額別金利型」の2つです。

金利は普通預金よりも高く、定期預金よりも低い

貯蓄預金の金利は、「金額階層別金利型」と「金額別金利型」の2つのタイプに分類することができます。

「金額階層別金利型」とは、預金残高に応じて、適用金利が変わる変動金利タイプの商品です。10万円以上、30万円以上など、それぞれの金融機関が定めた預金残高の金額階層ごとに、適用される金利が変わり、残高が多いほど高い金利が設定されています。それぞれの金融機関によって、設定されている金額階層の数や種類は異なりますが、貯蓄預金の金利が設定される最低預入金額については、ほとんどの金融機関が10万円以上と設定しています。そのため、残高が10万円以下になってしまうと、普通預金金利が適用されます。金融機関によっては、普通預金金利よりも低い金利が適用される場合もあります。

「金額別金利型」とは、預金残高が一定額以上ある場合に、普通預金よりも高い金利が設定されるタイプの商品です。「20万円型」や「40万円型」など、設定された金額以上の預金を行うことにより、それに応じた貯蓄預金の金利が適用されます。「金額階層別金利型」の金利が、最終残高1,000円以上につき、1円ごとに付与されるのに対し、「金額別金利型」の金利は、残高によらず一定となっています。

貯蓄預金の金利タイプとしては、「金額別金利型」の方が古く、貯蓄預金が販売され始めた当初は、「金額別金利型」の商品しかありませんでした。現在は「階層別金利型」の貯蓄預金の方が主流となっており、「金額別金利型」の貯蓄預金を扱っているのは、ごく一部の金融機関のみとなっています。

貯蓄預金の金利は、普通預金と比べると高めに設定されていますが、どんなに金額階層が高くなっても、「スーパー定期」や「大口定期」といった、定期預金商品の金利を上回ることはありません。預入期間がなく、流動性が高い分、銀行側としても、あまり高金利に設定することはできないためです。

さらに、インターネット銀行の中には、定期預金だけでなく、普通預金においても貯蓄預金の金利を上回る金利を設定しているところもあります。例えば、住信SBIネット銀行は、証券口座と普通預金をセットにすることにより、普通預金の高金利化を実現した「SBIハイブリッド預金」を提供しています。また、セブン銀行はATM運営に特化することにより、高金利の普通預金サービスを提供しています。これらのネット銀行の台頭により、貯蓄預金の万能性と魅力は、薄れつつあると言わざるをえません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.