貯蓄貯金のデメリット

貯蓄預金のデメリットは、決済口座として利用できない点です。

家計管理口座としても、貯蓄口座としても中途半端

貯蓄預金のデメリットとして、まず挙げられるのが、決済口座として利用することができない点です。貯蓄預金は、定期預金のような預入期間がなく、いつでも自由に現金を引き出すことができるため、普通預金と同じ「要求払預金」として分類されています。しかしながら、貯蓄預金口座は決済口座として利用することができず、普通預金口座のように、公共料金などの自動支払いや、給与や年金などの自動受け取りを行うことができません。そのため、家計管理の口座として利用するには、少し役不足だと言えます。

こうした貯蓄預金のデメリットは、スイングサービスを利用すれば、解消することが可能です。スイングサービスとは、普通預金と貯蓄預金との間で、毎月一定額の預金を自動的に振り替えるサービスです。公共料金やクレジットカード代金、ローンの返済のタイミングに合わせて、一定額を貯蓄預金から普通預金に振り替えるように設定しておけば、残高不足になる心配がありません。また、普通預金の余剰残高分を貯蓄預金へ振り替えるという、積立預金のような利用も可能です。ただし、スイングサービスにはその都度手数料がかかるというデメリットがありますので、計画的に利用する必要があります。

また最近になり、貯蓄預金のデメリットとして挙げられることが多くなったのが、金利です。預金が自由に出し入れできるのに、普通預金よりも金利が良いというのが最大のメリットであった貯蓄預金ですが、バブル崩壊以降の低金利政策の影響により、近年の貯蓄預金の金利は普通預金とほとんど変わらない状態が続いています。預金残高が高ければ高いほど金利があがる「金額階層別金利」が適用されているにも関わらず、多くの金融機関において各段階の利率は変わらず、10万円でも、100万円でも、普通預金と同じ金利が適用されているのが現状です。

定期預金の金利も決して良いとは言えませんが、貯蓄預金よりは高めの金利設定となっています。さらに近年、ネット銀行等では、1ヶ月や1週間といった流動性の高い短期タイプで、金利も高い定期預金が取り扱われるようになってきました。低金利時代と、ネット銀行の台頭、そしてそれに伴う金融商品の多様化により、発売当初、大きな注目を集めた貯蓄預金のメリットは薄れて、「家計管理口座としても貯蓄口座としても中途半端」という、デメリットの方が目立つようになっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.