ハッピープログラムのデメリット

すでに楽天銀行口座をお持ちなら、ハッピープログラムは使った方がお得です。ただ、定期預金や普通預金などの銀行預金の金利の上乗せや、楽天銀行住宅ローンの金利の引き下げといった優遇がないなど、ハッピープログラムにもデメリットらしきものがあります。

優遇金利がないというデメリット

デメリットのなさそうなハッピープログラムですが、会員ステージがアドバンスト以上にならないと、実質的な優遇は受けられません。アドバンストになることによってやっと、ATM手数料の無料回数が月に1回無料になり、他行振込手数料も月に1回無料になります。そのための方法としては、預金残高10万円以上もしくは月に5回以上の取引をする必要があります。このハードルの高さがハッピープログラムのデメリットと言えるかもしれません。

そして優遇特典の中に預金金利の上乗せとローン金利の引き下げが含まれていないのも、人によっては物足りなさを感じるのでデメリットと言えます。金融機関の優遇特典といえば金利が一般的で、とくに定期預金金利の優遇と住宅ローン金利の優遇は人気があります。しかし楽天銀行のハッピープログラムではそのような優遇がなく、イーバンク銀行の時から過去のリニューアルでも加わることはありませんでした。もし預金金利や住宅ローン金利の優遇を求めるなら、イオン銀行や住信SBIネット銀行といった他のネット銀行などのポイントサービスを検討したほうがよいかもしれません。

手数料の優遇特典に関しても、取引内容によっては優遇対象から外れてしまうので注意が必要です。たとえばハッピープログラムの特典によって取引の度に楽天スーパーポイントが付与されますが、振込先が募金となると楽天ポイント付与の対象外となってしまいます。昨今は東日本大震災の影響もあって金融機関を通した募金活動が活発になっており、利息の一部が募金される定期預金を提供する金融機関もあります。しかし楽天銀行から募金する際は楽天スーパーポイントが貰えないので気をつけましょう。

ステージアップのために取引件数を増やそうと、不必要な商品やサービスを利用しがちになるのもデメリットでしょう。口座残高を増やしてステージアップする分にはローリスクです。しかし取引件数を増やしてステージアップする際は、商品ごとのリスクや手数料を考慮して慎重かつ丁寧に取引したいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.