インフレとデフレ

インフレとデフレは、経済状況で正反対の意味を表しています。

極端なインフレやデフレは生活に悪影響を及す

インフレとデフレは経済状況において、正反対の意味を表している用語です。

インフレとはインフレーションを略した用語で、モノの値段が上がり続ける経済状況のことです。インフレの原因には、好景気な経済状況があります。景気が良いとモノがよく売れ、作っても作っても、モノ不足が起こります。これは需要が供給を上回っている状態です。このようにしてモノ不足が恒常的に起こると、モノの値段が上がります。そしてモノを作るために必要な原材料も高騰します。さらに労働者の賃金も、労働時間の延長や人不足などを背景にして上昇します。この賃金の上昇という点から見ると、最近ではややインフレ気味の方が良いとされています

反対にデフレはモノの値段が下がっていくことです。デフレはデフレーションを略した言葉で、モノの値段が継続的に下がり続ける状態です。デフレでは、モノを作っても値段が下がり続けるので、売れても利益になりません。そして企業は生き残りのために従業員の賃金をカットしたり、リストラを断行したりして、会社を維持しようと努めます。給料が減ったり、仕事が無くなってしまう不安が起こるので、消費者のモノの買い控えが進み、ますます経済の流れが悪くなります。そしてこの繰り返しが起こることをデフレスパイラルといいます。ちょうどバブル崩壊後の日本経済がこの状態でした。

長い間デフレ経済が続いた日本では、インフレ経済への転換のために日銀の金融政策が行われました。具体的な対策としては、市場に大量のお金が流通されました。インフレやデフレは市場に出回るお金の量を調整することで、コントロールできるからです。このような金融政策の効果で、長かったデフレ経済が脱却へと向かっています。

経済的に極端なインフレやデフレは、私達の生活に悪影響を及ぼします。そのようなスーパーインフレやデフレスパイラルといった悪循環が起こる前に、世界各国の中央銀行では金融政策によって経済をコントロールしようとしています。しかし、もし中央銀行が金融政策を間違うと、バブルや急激なデフレ経済に陥る危険性は常にあります。

インフレとデフレ

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.