イオン銀行ポイントクラブのステージ判定条件

ステージを上げる方法は、イオンカードや電子マネーWAONの利用金額を増やすことです。

基準金額は10万円・30万円・50万円

イオン銀行ポイントクラブのステージを上げるには、イオンカードや電子マネーWAONの利用金額を増やす必要があります。定期預金残高やカードローンの利用金額がステージ判定条件となる他の金融機関に比べてクリアしにくい印象がありますが、イオンカードと電子マネーWAONは用途が広いという特徴があります。イオンカードセレクトを使えば電子マネーWAONだけでなくクレジットカード機能やETC機能も使えるので、買い物や公共料金、交通機関の支払いですぐに利用金額が増えます。

イオン銀行ポイントクラブのステージは3つあり、イオンカードと電子マネーWAONの利用金額が各ステージの基準金額を越えればステージアップとなります。基準金額はステージが低い順に10万円・30万円・50万円となっています。一見ハードルが高そうですが、日々の買い物にイオンカードを使うことで基準金額をクリアできます。

イオン銀行ポイントクラブはステージ判定の対象期間が6ヶ月、ステージ更新が年2回とゆったりしたスパンで設定されています。そのため年2回のステージ更新日に向けて、6ヶ月間ゆっくりイオンカードと電子マネーWAONの利用金額を増やすことができます。しかし1度ステージが決まると6か月間はステージの更新がないため、迅速なステージアップができないというデメリットもあります。

イオングループでの買い物やクレジットカード決済が少ない場合、もしくは迅速なステージアップを望む場合は、他の金融機関の優遇サービスのほうが適しています。金融機関によっては新規口座開設や口座振替、振込入金でも優遇特典を得られるのです。しかしその場合は得られる特典もイオン銀行とは違い、預金金利の上乗せや振込手数料の無料化、ATM利用手数料の無料回数増加などになります。よく比較して適切なサービスを選びましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.