積立定期預金のメリットとデメリット

積立定期預金は積立金額の部分的な払い戻しが可能なため、定期預金の金利を適用して普通預金の性格を補完できる使い勝手のいい預金商品ですが、据置期間が設けられているので短期での運用には活用しにくいです。

おすすめはイオン銀行の積立定期預金

積立定期預金は定期預金に分類される預金商品であるため商品性は類似していますが、契約時や入金方法、払い出し時の対応などに違いがあるため、その使い勝手にはメリットやデメリットが存在します。積立定期預金の一番のメリットは、やはり少額から始められる資産運用であることでしょう。一般的な定期預金は、当初契約時にまとまった資金を銀行に一括で預入することが契約条件となります。しかし、積立定期預金は月々または随時、積立契約期間中は預入を継続するため、最低金額は低く設定されています。積立定期預金では、毎月一定の金額を積立定期預金に自動で振り替える自動積立方式が広く利用されていますが、月々の積立額は5,000円以上1,000円単位、1万円以上1円単位としている金融機関が多く、生活資金に影響を与えない無理のない金額で設定することができます。

いざ貯蓄をしようと思っても、一括資金で比較的まとまった額がないと始められなかったりします。また普通預金などのいつでも出し入れできる口座に預金残高があるとついつい使ってしまい、資産形成もままならないということも少なくありません。そのため積立定期預金の自動積立を利用することで、確実に貯金を積み立てられるし、ボーナス月などには増額することもでき、給料などの所得や金融資産がそれほど多くない若い世代にも利用しやすい資産形成が行える預金商品のひとつです。

積立定期預金は定期預金に分類されるため、定期預金の金利が適用されます。そのため、普通預金よりも高い利息が得られることもメリットのひとつと言えます。また、定期預金としての満期日などを自分で設定できることもマネープランが立てやすくなるため、メリットのひとつと言えるでしょう。普通預金に貯め置く場合は、あらかじめ資金使途が決まっているケースや万一のための備え、または当面の資金使途はなく、そのまま普通預金に残っているケースのいずれかだと考えられます。どのケースにおいても、普通預金はいつでもすぐに入出金ができるからという理由に基づくものだと考えられますが、仮にある程度のマネープランが立てられる場合、つまり資金使途の発生にスムーズに対応することができるならば、普通預金で貯め置く理由は薄れてくるでしょう。ここで積立定期預金の仕組みを利用することで、普通預金の補完として活用できるわけです。

積立定期預金は、積立期間や満期日を設定することができるため、資金使途の目的に合わせられます。また、積立定期預金は契約時に前もって満期日を設定する必要はなく、契約途中の申し出によっても満期日を決めることも可能です。そのため、当初は資金使途がなく、契約期間中に資金使途が発生してもおおむね1〜2か月前の早めの申し出であれば、その資金使途に満期日をあわせることも可能となっています。

また積立定期預金は一部の積立金額を払い戻すことができます。一般の定期預金であれば一括資金で契約しているため、定期預金の一部だけが必要な資金であっても全て解約しなければなりませんが、積立定期預金であれば、預入に応じて個々の独立した定期預金が成立しているため、必要な資金に応じた払い出しを行うことができます。この際、仮に一般の定期預金なら必要な資金を除いた残りのお金で再び定期預金を契約し直すとしても、解約した定期預金と同じ水準の金利が適用されることはできません。しかし、積立定期預金の場合は必要な資金に応じて定期預金を払い出すため、定期預金を契約し直すこともありません。このように積立定期預金は万一の備えに多額の資金を必要とする場合を除いて、払い出し時に柔軟な対応ができます。そして積立定期預金は、定期預金の金利を適用して普通預金の性格を補完できる使い勝手のいい預金商品と言えるでしょう。

ただし、積立定期預金には多くの金融機関で据置期間が設けられています。据置期間とは中途の払い出しができない期間であり、満期日の設定ができません。据置期間の長さは金融機関によって様々ですが、おおむね3ヶ月から1年と幅広く、契約時に十分確認する必要があります。こうした点は、積立定期預金が短期での運用に活用できないのでデメリットとも言えるでしょう。

インターネット環境が普及したことで金融機関の利用は、三菱東京UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行などのメガバンクの窓口にとどまらず、楽天銀行住信SBIネット銀行などのインターネットネット専用銀行を利用することも一般的なものとなっています。金融取引においてネットバンクの利用は、窓口の利用などより多様な銀行サービスや、銀行振込手数料などの優遇や、預金において相対的に高めの適用利率が活用できる点など、有利な点が多いです。ただ預金の金利に関しては、既存の普通銀行とあまり差がないといったところが現状です。

そのような中で、イオン銀行やソニー銀行は定期預金や積立定期預金に比較的注力しています。特にイオン銀行は定期預金金利とは別に積立定期預金の金利を設定しており、定期預金よりも高い金利を設定しています。イオン銀行は商業施設として全国に展開しているイオン(AEON)の系列であり、各店舗に手数料が無料のイオン銀行ATMを設置しているため、利便性も高い銀行です。また、イオンカードの使用によってWAONポイントを貯められるなど、金融サービス以外の特典も受けられます。積立定期預金の商品性は様々であり、商品内容は金融機関によってまちまちですが、イオン銀行はこれらの中でも積立定期預金の利率や利便性などの点では、他の金融機関よりもメリットが多くおすすめ銀行のひとつと言えるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.