積立定期預金と定期預金の違い

積立定期預金は定期預金に分類されるので、定期預金と類似した仕組みを有する部分もあります。ただ、積立定期預金と一般の定期預金の違いは、預入時と引き出し時の仕組みです。

積立定期預金は預入ごとに1口の定期預金契約が成立する仕組み

将来の備えや貯蓄として活用できる定期預金商品のひとつに、定期的にお金を預け入れて積み立てていく積立定期預金という選択肢があります。定期預金に分類されますので、基本的な商品内容は一般的な定期預金と同じですが、預入された資金が定期預金として積み立てられることがポイントであるため、積立定期預金と呼ばれています。適用金利は金融機関によって異なりますが、毎月の積立時の店頭表示金利が満期まで適用される固定金利を採用している金融機関が多いようです。また積立定期預金は一般の定期預金と同じように元本保証があり、預金保険制度(ペイオフ)の対象となるので金融商品としてのリスクは低いです。万一、預入する金融機関が破綻した場合は、他の保護対象預金と合算して預金者1人あたり元本合計1,000万円までとその利息等が保護されます。

一般の定期預金と類似した仕組みを有する部分もありますが、積立定期預金と一般の定期預金の違いは、預入時と引き出し時の仕組みにあります。一般的な定期預金は、まとまったお金を一括預入することでその定期預金契約が1口成立する仕組みですが、積立定期預金は契約期間において、毎月定額での預入、または随時の預入を行うため、預入された金額ごとに1口の定期預金契約が成立する仕組みとなっています。例えば、毎月1万円の同じ金額でそれぞれの定期預金に取組む場合は、一般的な定期預金であれば12万円一括での定期預金1口となりますが、積立定期預金の場合は1年間(=12ヶ月)に1万円の定期預金を12口契約することになります。積立定期預金において毎月の積立額は合算して1口の定期預金となるわけではなく、1回あたりに預入された金額が個々の定期預金として取り扱われることが預入時の大きな違いと言えるでしょう。預け方は、給料などを受取る普通預金口座からの振替を利用した自動引き落としによる自動積立や、銀行窓口あるいはATMを利用して現金で入金する方法があります。またボーナス月などには、定時の一定額に加えて増額することもできます。

積立定期預金は、積立期間を自由に設定することができるため、一般的な定期預金と違い、満期日を調整することができます。しかし、金融機関によっては積立定期預金に積立期間と据置期間が必要とされる(6ヵ月以上が一般的)点には注意が必要です。そのため、短期で満期日を設定することは困難ですが、据置期間が終わると事前の申し出により満期日を設定することができます。引き出し時を自分で決められるので、海外旅行などの旅行資金や結婚資金や学費などに引き出すタイミングを合わせるなど、効率よく貯金することができるでしょう。

積立定期預金の契約にもかかわらず、期日指定定期預金といった用語を目や耳にすることがあります。その理由は、積立定期預金契約で積み立てた預入金額を期日指定定期預金として取り扱っている金融機関があるためです。期日指定定期預金とは、固定金利で1年ごとに利息が複利で計算されます。そして預入時から一定期間の据え置き後、任意で満期日を設定できる定期預金です。最長の預入期間は定められていますが、あらかじめ満期日を定めない場合は、最長預入期間到来後も自動継続ができる仕組みとなっているため、期日指定定期預金が積立定期預金に活用されているようです。

また積立方法においても、積立期間を定める目標型と積立期間を定めない自由型があります。自由型においても満期日を途中で設定し、いつでも積立を止めることができます。一般の定期預金の場合は、急な入用であっても定期預金を解約しなければならないため必要な分だけ取り出すことはできません。しかし積立定期預金は、預入毎に個々の定期預金が成立していますので、必要な分だけ解約することができます。このように部分的な定期預金契約を解約して少額資金を工面できる商品性は、生活資金や家計に過度な負担をかけないので、効率的に資産形成ができる仕組みと言えるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.