積立定期預金と定期積金の違い

積立定期預金と定期積金は言葉は似ていますが、当初契約時から大きな違いがあります。積立定期預金は利用者にとっては自由度の高い積立型の金融商品と言えます。それに対して定期積金は、契約時にあらかじめ決められている条件が多く、特に預入の遅延などにはペナルティを課す金融機関も存在します。

積立定期預金は銀行、定期積金は信用金庫や信用組合やJAバンク

積立定期預金と類似した預金商品で、定期積金という金融商品があります。名前が似ているため同じ様な商品性と考えがちですが、商品内容においては様々な違いがあります。どちらも、預入期間においては、一定額を月々で積み立てられることに加えてボーナス日には増額することができ、満期時にはその残高を一括で受け取ることができます。しかし当初契約時から大きな違いがありますので、特に、契約時や申込時には、しっかりと商品概要説明書や具体的な説明内容を確認し、ポイントを押さえる必要があるでしょう。

積立定期預金と定期積金の違いは、そもそも金融商品としての取り扱いに違いがあります。定期積金では積立定期預金でいうところの積立金を「掛金」、満期日に受け取る満期金を「給付金」、満期日に受け取る掛金と給付金との差(積立定期預金でいう利息に相当する部分)を「給付補てん金」と呼んでいます。また、預貯金の利息は所得税法における利子所得の対象として扱われていることに対して、給付補てん金は雑所得して扱われていることにも違いがあります。定期積金の給付補てん金は金融類似商品の収益とされているため、受け取る段階で税金部分があらかじめ差し引かれる源泉分離課税が適用されており、確定申告を行うことはできません。雑所得ですが源泉分離によって納税処理が完結するため、利子所得の取り扱いに類似していると言えるでしょう。積立定期預金は主に銀行で、定期積金は主に信用金庫信用組合JAバンクで取り扱われているようです。

積立定期預金や定期積金はどちらも少額から始めることができ、満期日や積立期間をあらかじめ自分で設定することもできますので、将来の利用目的に備えたマネープランをたてやすい商品内容となっています。しかし契約期間中におけるそれぞれの内容や取扱いは全く異なることに留意する必要があります

通常、積立定期預金は毎月の自動振替や随時の現金入金などにより、預入の都度、1口の個々の定期預金が成立して、そのタイミングに応じた適用金利が採用されます。契約期間が長期になると複数の定期預金が増えていく仕組みなので、適用金利が変動している場合は、複数の積み立てた定期預金において適用金利に高低差が出る可能性があります。また、積立定期預金の積立期間は必ず決める必要はなく、入金などの制約を拘束していない金融機関も多いです。自動引き落としにより普通預金口座などから毎月、口座振替で利用されているケースが多く、利用者にとっては自由度の高い積立型の金融商品と言えるでしょう。ただし、注意すべき点は据置期間があることです。据置期間とは契約後、相当期間は引き出せないというルールであり、多くの金融機関で設定されています。その点については契約時に確認する必要があるでしょう。

これに対して定期積金は、契約時にあらかじめ月々の掛金(積立額)や積立期間や適用金利を決めて契約が成立する貯蓄商品です。定期積金は、満期日の給付額を決めて積み立てる「目標式」と掛金額を決めて積み立てる「定額式」があります。また、当初預入時に決められた固定金利が満期まで適用されるので目標式、定額式のどちらを採用しても、満期時の給付金(満期金)をおおよそシミュレーションできる点は、積立定期預金との大きな違いの一つです。定期積金の場合は、目標額に応じて設定額を決めて、目標達成時を満期日設定で対応することができるため、契約時にあらかじめ決められている条件が多く、特に預入においては遅延や不履行は一定のペナルティを課す金融機関も存在するようです。少額から始められる資金計画の一助となる積立型の運用商品ですが、家計管理に支障をきたさないプランが立てられるよう、契約の際には金融機関の取り扱いや条件等をしっかりと確認することが重要です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.