メガバンクと他の銀行との違い

メガバンクは日本有数の信用力がある上に、インターネット環境や銀行窓口などの様々な取引手段を有しています。手堅く銀行を利用する際にはメガバンクが有利といえます。

メガバンクと信託銀行、地方銀行、信用金庫、インターネット専業銀行など

我が国には、メガバンクを始めとして信託銀行地方銀行信用金庫、インターネット専業銀行など、銀行業務を営む様々な金融機関があります。しかし、全ての銀行が一様に銀行業務を営んでいるわけではなく、各銀行は様々な役割を担っており、強みもそれぞれ違っています。銀行を選ぶ際には、各銀行の特徴や経営姿勢などの違いを確認し、銀行に預けるお金の性格や銀行が取り扱う金融商品と金融サービスの強みや取引のメリットを勘案すべきです。その上でそれぞれの銀行を使い分けることによって、より効率的なお金の管理や運用につながると考えられます。

メガバンクと他の銀行を比較する前に、そもそもメガバンク同士に違いはないのかといった疑問があるかもしれません。確かに、メガバンクが取扱う定期預金の金利比較をしても金利水準は横並びになっているものを見かけることが多々あります。しかし、実際はそれぞれのメガバンクが都市銀行の統合再編により誕生したからとはいえ、それぞれ歴史のある大手銀行の統合再編です。各銀行の歴史や銀行文化など、少なからず踏襲している部分もあり、メガバンク同士にもやはり違いは見られます。

3つのメガバンクのうち、財務規模や営業基盤が最も大きなメガバンクは、現在のところ三菱東京UFJ銀行となっています。首都圏や関西圏、名古屋圏でトップクラスの大手都市銀行の合併により誕生しており、都市圏を網羅した強固な営業基盤に加えて、海外にも多くの支店を構えていることから、企業の海外進出や支援など国際業務にも強みを持っている点が、他の2つのメガバンクとの違いです。

みずほ銀行は、首都圏に本店を構える大手都市銀行同士が合併して誕生した銀行であるため、関東圏での金融サービスに強い銀行ですが、関西圏においてはやや弱さが見られています。比較的早い段階で証券会社などの異業種のグループ化を進めており、グループ力を活かした金融商品や金融サービスの提供に強みを持つリテール業務を得意とする銀行となっています。ちなみに、唯一、宝くじが販売できる銀行である点は、他の2つのメガバンクとの大きな違いです。

三井住友銀行は東京に本店を構えていますが、首都圏と関西圏を営業基盤とした大手都市銀行の合併により誕生しており、首都圏だけでなく関西圏にも強みを持っています。住友銀行色がやや強く、関西圏での強さは誰もが知るところですが、早くから投資銀行業務やリテール業務に注力しており、収益性の高い経営戦略を進めている点が2つのメガバンクとの違いです。総合力の強さが際立つためにメガバンクとして一括りにされることが多々ありますが、それぞれに違いはあります。メガバンクと取引する場合にも使い勝手を調べて、自分にあったメガバンクを活用することが重要でしょう。

我が国の金融業界は、メガバンクのように総合力の高さを押し出した銀行業務を行っている対極で、他の銀行は専門性や地域性で特色を出しています。メガバンクだけで金融取引の全てを完結させることはできるかもしれませんが、実はメガバンクにないものを他の銀行が持っていることも多々あります。

信託銀行は、一般の銀行が行う銀行業務に加えて、信託業務を行うことができる銀行のことです。その信託業務とは、顧客などから預かった金融資産や不動産などを管理、運用する業務のことを意味します。代表的な信託業務として、投資信託や年金信託などをイメージするとわかりやすいかもしれません。最近では、個人取引の一つである相続業務に関わる遺言信託などもよく耳にするようになってきました。信託業務は全般として信託銀行に限定して認められた業務であり、メガバンクでは直接取り扱うことができないため注意が必要です(ただしメガバンクは同じ金融グループ内に信託銀行を置いており、グループを介して利用することは可能だと考えられます)。

地銀や信金は、地方に本店を構え、限られた地域に密着した経営姿勢をとり、地域経済を銀行業務の側面から支えている、いわゆる普通銀行であり、メガバンクが取扱う金融商品と大きな違いは見られないでしょう。むしろ地銀や信金はメガバンクよりも規模が小さいことから、取扱う金融商品の数は劣っているかもしれません。しかし、地銀や信金は地域に密着した経営を主眼においているため、地方に支店を多く構える傾向にあります。メガバンクは全国を網羅するように支店を構えていますが、地方では1県1店舗、またはそもそも支店を構えていないこともあり、地方の全てを網羅しているわけではありません。地銀や信金は、拠点を構える地域の専門家として、メガバンクが対応できない銀行業務を担っています。

インターネット専業銀行は、定期預金などの銀行預金の金利や住宅ローンなどの融資商品に係る貸出金利がメガバンクに比べて有利な設定となっている銀行です。実店舗を持たないので支店運営費や人件費が低く抑えられることから、運用金利などを有利に設定できることが理由だと考えられるでしょう。メガバンクなど多くの銀行においても、ネット取引の環境整備を行っていますが、インターネット専業銀行が適用する金利に追随することはありません。ですので利便性や運用面で銀行を選ぶ場合は、インターネット専業銀行が有利となりそうです。しかし、メガバンクは日本有数の信用力を持ち、インターネット環境だけでなく、銀行窓口など、様々な取引手段を有していることから、手堅く銀行を利用する際には、メガバンクが有利となりそうです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.