メガバンクのメリットとデメリット

メガバンクと取引するメリットは、やはりその信用力の高さにあります。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3つのメガバンクが安全性の面では国内銀行でもトップクラスです。反面、メガバンクのデメリットとしてまずあげられるのが、地方において支店や銀行ATMが少ないことによる不便さです。

メガバンクの優れた信用力と運用面での物足りなさ

メガバンクは、実質的には全国に営業網を展開しており、大都市圏には支店や銀行ATMを数多く構えています。反面、地方においては1県1支店、または、そもそも支店がなく銀行ATMも少ない地域も存在します。そのため、大都市圏ではメガバンクの利便性が高くて銀行口座を開設するメリットは大きいのですが、地方では、地方に本店を置いて地域密着型営業を展開する地銀や信金などの方が利便性が高く、メガバンクが選択肢にならないこともあります。

このように同じ銀行であっても、住む地域によってアクセス手段の多さは変わってきますので、メガバンクのメリットやデメリットも人それぞれ感じ方が違うかもしれません。銀行を選定する上で、支店が身近な場所にあることは重要な選定理由の一つとなりますが、銀行の信用力、いわゆる破たんのリスクが低いといったことも選定理由になり得ます。信用力は、一朝一夕で醸成されるものでなく、長い歴史の上で培われるものであり、人それぞれ評価が割れやすいものでもありません。メガバンクと言えど銀行取引をする上では、様々なメリットやデメリットを有しています。信用力を活かした銀行取引を目的とする場合、メガバンクは効率よくお金の活用ができる銀行の一つと言えるでしょう。

メガバンクと取引するメリットは、やはりその信用力の高さにあります。リーマンショック時には、財務基盤や営業基盤が巨大な欧米の銀行や大手金融機関が相次いで破たんしたり、経営危機に陥ったことで、国際的な金融システムなどのバランスが一時的に機能しなくなった経緯があります。その教訓から、国際的なシステムの機能不全に陥らないよう、特に重要な金融機関を特定して、より厳しい規制が課されています。これらの条件によって特定された金融機関は、端的には大きくて潰せないということを意味しているといえるでしょう。我が国では、三菱東京UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行のつのメガバンクが特定されており、自己資本に係る対応や流動性に係る体制整備など、厳しい規制下で銀行業務を行っていることから、安全性の面では国内銀行でもトップクラスと言えるでしょう。

メガバンクは海外の主要都市に支店を構えているため、企業融資などを通じた海外支援や国際業務に関わる多くのノウハウを有しています。海外業務または海外進出を行う企業においては、メガバンクのノウハウそのものを活用できることがメリットとも言えるでしょう。

メガバンクは、信託銀行や証券会社、保険会社などの様々な金融機関とともに巨大な金融グループを形成しているため、多種多様な金融サービスにグループで対応が可能な点もメリットとして考えられます。最近の銀行窓口では、普通預金定期預金など一般の預金商品に加えて、投資信託などの投資商品や終身保険などの保険商品も取り扱われていますが、より専門的な金融機関をグループ内に持つことで、銀行窓口を玄関口として銀行だけで対応しきれないより広範な金融商品や金融サービスを受けることができて利便性が高まっています。もはやメガバンクでは取り扱っていない金融商品や銀行サービスは存在しないと思わせるほどのラインナップと言えるでしょう。

メガバンクは様々な金融業務や金融サービスの提供にあたって対面型の営業スタイルをとっているため、担当者(銀行員)に投資信託などの資産運用から住宅ローンやカードローンといった借入など、金融全般について相談を行うことができる点もメリットだと考えられます。信託銀行や地銀などの普通銀行もメガバンクと同じ営業スタイルですが、メガバンクは広範な営業網や巨大なグループ力を有していて金融に関する多くのノウハウを蓄積しているため、より多様な提案を受けることが期待できます。

また担当者がつくことで、例えば住宅ローン商品を契約する場合には専任の担当者からの応対が受けられるため、ローン契約までに必要な書類や返済額などの住宅ローンシミュレーションや、審査の動向などを対面で直に確認することができます。必要に応じていつでも相談することができるため、スムーズなローン契約にもつながりやすくなっています。

メガバンクは高い信用力を有する反面、やはりデメリットも存在します。地方において支店や銀行ATMが少ないといった点は、日常生活において頻繁に銀行を利用する場合には不便さを感じてしまう機会が多いかもしれません。ほとんどのメガバンクにおいては、コンビニATMや提携金融機関のATMを手数料無料で利用することを可能としていますが、ATM取引では制限も多く、営業時間外の場合にはATM手数料が差し引かれる場合も少なくありません。東京などの大都市圏と地方ではメガバンクに対する捉え方も違うと考えられますが、地方においてメガバンクが縁遠くなる理由の一つともいえるでしょう。

また個々の金融商品において、メガバンクが取扱う普通預金金利や定期預金金利がネット銀行や地銀のキャンペーン金利などと比較して低い水準で設定されていることは、資産運用の側面からメガバンクを見た場合のデメリットになると考えられます。政府や日銀の景気回復策によって、預金金利などは低金利の水準となっていますが、少しでも高い銀行預金金利を求める預金者や運用者は、メガバンクよりもネット銀行を選好することでしょう。メガバンクもインターネットバンキングなどを取り入れ、銀行窓口による対応よりも手数料などを引き下げた金融サービスを提供していますが、ネット銀行などに対して金利競争を仕掛ける姿勢は見られず、当面、預金金利についてはネット銀行が優位な状況が継続することと考えられるでしょう。

総じて、メガバンクで取引するメリットは信用力を頼りに銀行取引を行うことであり、デメリットは信用力の高さから運用面ではやや物足りないといった点があげられます。しかし私たちは銀行取引において取引できる銀行が制限されているわけではなく、様々な銀行と取引を行うことができます。お金の性格や利便性において、信用力を頼りにお金を預けたり利用することを想定する場合にはメガバンクとの取引がおススメです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.