メガバンクの金利

メガバンクはその信用力を基に銀行預金が集められるので、必要以上に預金金利を高い水準に設定する必要がありません。それがメガバンクが低い預金金利を維持している理由の一つです。

大規模ゆえに適用金利を自由に変えられない

メガバンクが取扱う普通預金定期預金などの一般の銀行預金金利は、同業で比較してもかなり低い水準で設定されています。預金を集めることは銀行の主要業務の一つであり、楽天銀行住信SBIネット銀行などのインターネット専業銀行は、口座開設キャンペーンの実施や常に高い金利水準で定期預金金利を設定しています。また地銀においては、定期預金キャンペーン等を行うことで、通常の銀行預金金利に上乗せ金利を適用して預金を集めるなど、銀行が何らかの形で預金を集めようとする行動は自然な行動です。しかしメガバンクにおいては、高い水準で金利を設定している他の銀行に対抗することもなければ、高い水準で金利を設定することもなく低い金利水準を維持しています。なぜメガバンクの金利は他の銀行と比較して低い水準で設定されているのでしょうか。

この点については、金利に対する考え方や接し方が各銀行によって違うといった理由が考えられます。銀行預金金利は銀行が預金者に対して支払うものですが、銀行側から見た場合は銀行預金金利は銀行のコストとも言い換えることができます。

預金は銀行が企業への新たな融資金の原資として集めるという意味合いもあり、調達資金の役割を果たしています。できる限り安く調達するには、低い金利水準の預金を設定すればよいことになります。銀行預金金利を高い水準で設定すると多くの預金残高を確保できますが、銀行側の調達コストも高まり、銀行預金金利を低く設定すると高い金利で設定した際の預金残高を確保できませんが、調達コストは抑えられるといった仕組みが銀行側から見た場合の銀行預金です。

メガバンクの場合は高い信用力を有しているため、預金者は高い金利水準を求める以上に安全性を重視し、リスクを取りたくないお金が預けられている場合も多く、銀行預金金利の水準だけでは説明しきれない部分があります。メガバンクはその高い信用力を基に銀行預金が集められるといった理由もあり、必要以上に銀行預金金利を高い水準で設定する理由がないため、低い金利水準を維持していると言えるでしょう。

また、メガバンクは大規模な金融機関であることから、むやみに適用金利を自由に変動させられないといった事情があります。メガバンクは都市銀行が統合再編を経て誕生した銀行業務全般に携わる大手銀行であり、日本の名立たる大手企業への融資や業務支援などに密接な関連を有することから、日本経済を根底から支えるといった役割も担っています。そしてその影響力を理由に、政府や日銀の様々な経済政策に準じた対応を求められる立場にもあります。

現在の政府や日銀の金融政策と財政政策は、国内の個人消費や法人の設備投資などの活性化を図るべく低金利策を実施しているため、ここで逆にメガバンクの一角が金利を高い水準で設定すると、景気対策を腰折れさせることにもなりかねません。民間銀行だからとはいえ、日本経済に大きな影響力を与えるため、政府と日銀が実施する経済対策を具現化するような対応がメガバンクには求められています。

メガバンクは金利を低い水準で設定しています。様々な事情から今後もメガバンクは日本の経済政策が現状維持を継続する限りは低い金利水準を維持して、銀行預金金利で他の銀行に対抗することはないと考えられます。このような理由から、最近のメガバンクは低い金利水準の定期預金などに代わる金融商品として、資産運用業務に注力して様々な金融商品の拡充を行うことで収益性を高めています。

メガバンクでは定期預金の金利に加えて、実は住宅ローンについても(こちらは借入金利ですが)低い水準で金利を設定しています。政府は個人消費のひとつである住宅購入件数の増加を促すべく、住宅ローン減税制度を整備して住宅ローン控除の拡充などを行っています。メガバンクとしても住宅購入を促す環境整備に努める役割を担っていることから、住宅ローン金利については同業他社に対抗する動きが見られます。さすがに、住信SBIネット銀行住宅ローンなどのインターネット銀行の住宅ローンや、新生銀行じぶん銀行などのネット専用住宅ローンと比較すると、メガバンクは対面で対応しているために保証料や手数料などの経費負担部分では劣るかもしれません。

メガバンクは専任の担当者に直接、相談や契約ができます。そのため担当者を介して返済額などの住宅ローンシミュレーションや審査の動向などを直に確認し、スムーズな契約を行うことができる点は、メガバンクで住宅ローンを取り組む上でのメリットです。ちなみに、じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行と通信大手のKDDIが共同で設立したインターネット専業銀行です。実質的には、三菱東京UFJ銀行のネット版とも言えるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.