メガバンクの活用方法

銀行はますます多種多様化しており、利用者にとっての銀行の選択肢は広がっています。そのような中でメガバンクを活用する最大のメリットは、やはり信用力です。

メガバンクの信用力を活用してお金の管理

メガバンクは、総合金融グループの強みを活かしてあらゆる金融商品や銀行サービスを取り揃えていますが、どこにメリットを感じるかは人それぞれ捉え方が変わってきます。我が国には、メガバンクの他に証券会社や銀行などの金融機関が数多く存在しており、メガバンクよりも取扱金融商品や金融サービスを限定することで、利便性や付加価値を高めた金融業務を営んでいます。

例えば、楽天銀行住信SBIネット銀行のようなネット銀行は、支店を構えないことで、人件費や支店運営費などの経費を圧縮できることから、銀行預金金利や住宅ローン金利などは他の銀行よりも有利に設定しています。それに加えて振込手数料やATM利用手数料なども、預金残高や独自のポイント制度などの条件によって手数料無料にするなどして、運用面やコスト面でのメリットを前面に打ち出しています。

支店を構えて対面での営業活動を展開している銀行であっても、新生銀行東京スター銀行などは、インターネット取引に限定した金融サービスを提供することで、ネット銀行に対抗した有利な金融商品を取り揃えています。また最近ではセブン銀行イオン銀行のようにコンビニや小売系企業がグループ内に銀行を設立するケースもあり、各店舗内にセブン銀行ATMやイオン銀行ATMを設置して(イオン銀行はイオン店舗内に銀行窓口も構えている)、銀行業務と異業種が連携したサービス提供を行うなど、銀行はますます多種多様化して利用者にとって銀行の選択肢は広がっています。

そうした中で、メガバンクを活用する最大のメリットは信用力にあると言えるでしょう。確かにメガバンクで取り扱っている普通預金定期預金などの一般預金の金利水準は、ネット銀行などと比較してもかなり低い水準で設定していますので、銀行預金金利のみに着目した預金運用を行う場合は面白みに欠けるでしょう。しかし安全性を重視した預金運用を行う場合には、メガバンクを活用することが最も効率的な預金運用とも言えるでしょう。

ここ数年、世界的にも様々な金融機関の経営を脅かす出来事が発生しているため、我が国においても金融庁や日銀の銀行への監査は厳しさを増しています。特にメガバンクと呼ばれる三菱東京UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行は国際業務を営んでいることから、海外業務を営む銀行の規制に即した対応を行っているために経営の安定性は増しています。また、その他の銀行についても信用力を高めているので、銀行が破たんするリスクは以前よりも低下しています。

しかし現在、国や日銀が日本経済を活性化させるために行っている低金利政策は、短期的には銀行の業績の伸びを悪化させるものになります。なぜなら、銀行は融資だけでなく、預金と融資の差額、いわゆる余資を運用するために国債などの債券を購入し、その金利収入を業績に計上しています。低金利政策は融資の金利を低下させるだけでなく、債券購入によって運用で得られる金利も低下させるため、業績を悪化させる要因にもつながりかねないからです。

メガバンクは既に統合再編を進めています。それに対して地銀や信金などは金融機関の数が多すぎるために、再編統合はこれからです。しかし業績そのものが悪化する場合には、その再編統合を加速させる可能性があります。ですので、堅く留めおきたいお金については、信用力の高いメガバンクを活用することが効率的にお金を管理する一助となるでしょう。

住宅ローンやカードローンなどの個人向けローンについても、メガバンクは意外に活用しやすい仕組となっています。メガバンクは信用力に基づいて低い金利水準で銀行預金を集められるので、ローンの適用金利も低い水準で設定することが可能です。条件があえば、ネット銀行に勝るとも劣らない金利水準を設定していますので、他の銀行と比較しても遜色ない条件でローンを組むこともできるでしょう。

メガバンクは古くは都市銀行として銀行業務に従事しており、多くのノウハウを蓄積していることから、ローンを組む際の相談はもちろんのこと、返済額やローンシミュレーションなど対面でのスムーズな対応や確認も可能です。特にローンの取引においては、専任の担当者(銀行員)を通じた顔の見える相手との取引が契約手続きに係る安心感に大きくつながります。そして借入や返済についても相談しながら進められるため、無理のないベストな条件で契約を結ぶことができます。

これが顔の見えない相手、いわゆるネット銀行とのローン取引だと、金利や手数料等のコストは安く済ませられますが、専任の担当者はなく、全ての手続きを自分自身で行わなければなりません。金融業界は専門用語が多く、特にローンを要する取引の場合は手続きも煩雑になっています。何でも相談できる専任の担当者がつくことは、営業基盤が広範なメガバンクのメリットとも言えるでしょう。

メガバンクが取扱う金融商品や金融サービスについては、金利水準や手数料などの金銭的な側面から見た場合は、ネット銀行などが取扱う金融機商品や金融サービスよりもやや見劣りするかもしれません。しかし、メガバンクの効率的な活用方法は、まずメガバンクが有する信用力の高さに着目することです。そして、その信用力をフルに活かした金融商品や金融サービス利用することで、メガバンクはお金の管理や運用においての力を発揮します。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.