休眠口座

休眠口座は銀行に預金している口座で、取扱いのない「眠っている口座」です。

休眠口座から、預金は引き出せる

休眠口座は、銀行に預金している口座の中で、取扱いがなくて「眠っている口座」です。預金者の最後の取扱いから10年間まったく利用されていない口座を、全国銀行協会や郵便貯金法によって休眠口座と定めています。銀行の普通預金定期預金、郵便局の定額郵便貯金や積立郵便貯金の口座が対象です。

しかし、休眠口座扱いになったからといって出金ができなくなる訳ではありません。休眠口座のお金は10年以上経過すると銀行のものになりますが、出金手続きや解約を行えばいつでも引き出しができます。そして、休眠口座の通知も事前に行われるので、休眠口座から銀行預金を引き出す機会は実際にはあります。しかし、口座開設者が亡くなってしまった場合や、引っ越しや結婚などで住所や名前が変わってしまった場合など、休眠口座の通知が本人に届かないケースもあるので注意が必要です。

休眠口座が生まれるそもそもの理由として、無料で気軽に口座が開設できることや、口座を解約するためには開設した支店で手続きを行わなければならない点などが挙げられます。休眠口座を作らないようにするためには、引っ越しした場合は住所変更届を出したり、口座をすみやかに解約することが必要です。また、むやみに口座開設をすることで、資金の管理ができなくなることも原因といわれています。

休眠口座に預けられている貯金額は、毎年全国で800億円とも850億円ともいわれています。個人の口座で眠っている額は少なくても、国民全体の口座のお金を合わせると膨大な金額になります。この休眠口座のお金は通常、銀行のものになります

このように莫大な金額の預金が銀行などの一企業へ没収されて、その利益になるのはどうなのか?という声もあります。元々は国民のお金なので、震災の復旧や福祉事業や社会事業への活用はできないかという議論もなされています。

休眠口座

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.