資産運用

資産運用のためには数々の金融商品があります。リターンは多いけれども大きなリスクが伴う商品や、利益は少ないけれども安定した運用ができる商品などです。

以前から馴染みのある株式投資信託外貨預金に加えて、最近ではネットの発達によって今まであまり知られていなかったETF(上場投資信託)金投資といった投資商品の情報も手に入りやすくなりました。そのため、今では格段に資産運用を行う機会が増えてきています。

資産運用ではとくに株式投資や投資信託に人気がありますが、大きなお金が動くためにリスクが高くて、初心者にはなかなか難しそうです。しかし、年度毎の投資枠から得られた利益が非課税になるNISAを利用することで、利益分の税金が免除されるメリットもあります。さらにNISAは2016年(平成28年)から利用額が100万円から120万円に増えたため、安定株や人気の高い投資信託の購入が以前にも増して行いやすくなりました。資産投資には高額な資金が必要と思われがちですが、投資信託なら1万円程度で、株式投資なら最低で5万円〜10万円の少額からでもチャレンジができます。また、株主優待や配当などで利益がでるチャンスもあります。

また、資産運用で昔から根強い人気があるのは、元本保証がある定期預金です。定期預金は預け先となる銀行などの金融機関が破綻しても、預けた1000万円までの預金とその利息が保護されます。定期預金はこのような預金保険制度の対象でもあり、リスクが少ない金融商品として安全性が抜群です。

ほかに安全性が高い資産運用として、個人向け国債も有名です。国が発行する債券なので、国が破綻するようなことがなければ全額が保証される点が人気の理由です。しかし、個人向け国債の金利は普通預金並みの低金利が長期に渡って続いているため、あまり魅力のある商品とはいえない面もあります。

各ページのご案内

資産運用は貯蓄と投資のバランス フォルダー

老後の資金計画 フォルダー

高齢者の資産管理についてのアドバイス フォルダー

ドイツ人の貯蓄と資産運用 フォルダー

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.