振り込め詐欺

振り込め詐欺は、オレオレ詐欺や架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺といった一連の犯罪と同様に総称して、「特殊詐欺」と呼ばれている詐欺行為です。

これらの詐欺の特徴として、高齢者や女性をターゲットにして電話で家人になりすまし、現金を騙し取ろうとする点があげられます。

とくに振り込め詐欺の手口の多くは、一人ないしは複数人で、息子や、警察官、銀行員、公務員などになりすまし、現金を金融機関に振り込ませようとします。身内がお金に困っている様子を演出したり、国からお金が余分に返ってくるといった嘘をつくなど、人間の心情や欲を逆手にとった犯行の内容が特徴です。

振り込め詐欺の被害は年々増えているので、警察ではホームページ上で事件の詳細を掲載して、騙されることが無いように啓蒙を続けています。振り込め詐欺にはどういった内容の詐欺があるのかなど、その対策方法も紹介されています。まず、不審な電話は家族や警察に確認をする、お金をすぐに振り込まない、キャッシュカードなどを他人に渡さないといった防御策は、普段から覚えておきたい項目です。

振り込め詐欺の対策には、一人一人の防犯の意識も大切ですが、どうしても高齢者などは犯罪に巻き込まれる恐れがあります。そこで地域の力で防犯を高めようと様々な活動が行われています。

警視庁では、地域ボランティアの防犯アドバイザーや、保険会社へ振り込め詐欺被害防止アドバイザーの委託をしています。さらに、電話の会話を「自動録音します」と告知する機器の無償配布などで対策をしています。

万が一、金融機関へお金を振り込んでしまった場合の救済策も用意されています。振り込め詐欺などの被害金を救済する「振り込め詐欺救済法」がそれです。詐欺に遭ったのが分かり次第、警察と振り込んだ金融機関へ連絡を行って、口座の凍結を指示します。口座の残高から被害金額の分配を行う法律が制定されています。

各ページのご案内

振り込め詐欺への対策

振り込め詐欺の撃退

振り込め詐欺救済法

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.