普通預金

普通預金は銀行取引の基本であり、銀行で金融取引を始める際に一番最初に開設する預金口座です。貯蓄のために定期預金を始める際にも、まず普通預金の口座を開設する必要があります。

普通預金はお金を預けるだけではなくて、引き落とし口座や振込口座としても利用できる個人の生活に密着した預金です。一般のご家庭において、普通預金は給与や年金などの振込口座に指定されたり、公共料金やクレジットカードの引き落とし口座に指定されています。

また、いつでもお金を預け入れられて、提携するATMさえあればどこでも引き出せます。そのため出し入れが頻繁(ひんぱん)な生活費を管理するのに適しています。いわば、お財布のような口座なのですが、預金している間に利息のつくところがお財布とは異なります。

普通預金の金利は変動金利であり、メガバンクや地方銀行などの一般的な銀行ではおおよそ年0.001%くらいの金利がつきます。この金利は定期預金などに比べると低い金利です。その理由は、普通預金は出入金が頻繁で流動性の高い預金なので、金融機関側が安定した運用資金として利用しづらいからです。近年急速な発展をしているインターネット銀行においても、普通預金の金利は全体的に低めです。

各ページのご案内

普通預金とは

普通預金の種類

普通預金のメリットとデメリット

普通預金と定期預金

普通預金の金利の比較

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.