債券発行による資金調達方法

直接金融で株式市場以外から調達する方法として、社債の発行があります。

公募と私募

間接金融や直接金融でも、株式上場する以外にどのような資金調達の方法があるのでしょうか。ここで明らかにしていきます。

この直接金融で株式市場以外から調達する方法として、社債の発行があります。社債とは、会社が資金調達を目的として、投資家からの金銭の払込みと引き替えに起債する債券のことです。社債は基本的に株式と異なり、発行企業から見ると負債となります。これは、国債や地方公共団体の債権と同じです。ただ、間接金融とは異なり、金融機関の審査を必要とはしません。

このため、社債は募集の方法が2種類ほどあります。この募集の種類とは、公募と私募です。それぞれ公募債、私募債と呼ばれます。一般には機関投資家向けの社債が多いと言われています。

公募債については、投資適格の格付け、つまり、民間信用調査会社からお墨付きをもらった大会社が行う設備投資や企業買収などのM&Aなど、多くの資金が必要となる場合発行されることが多いと言われています。転換社債は、株式に転換されると負債から資本に組み入れることが可能となることから、増資と同じ機能も持つことになるとも言われています。

私募債については、私募債の募集を行う発行会社の内部の財務の状況や、発行を行うことに対する目的など、さまざまな理由が考えられます。

いずれにしても、会社が直接投資家に向けて債券を発行することによって資金を調達する手段です。これは、株式上場と違い、比較的簡単に市中から資金を調達する手段として重宝がられています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.