人民元を知ろう

中国の国際貿易決済にも、人民元が使用されています。

中国経済の成長

この数年間のうちにさまざまなかたちで国際化を進めている中国人民元は、いまや「未来の重要な国際通貨」ともいわれるポジションにあります。一部の国においては人民元建て債券市場や人民元建て預金市場が急成長を見せており、中国の国際貿易決済にも人民元が使用されるようになっています。

中国国内においては、今でも偽札が横行し、しわくちゃのぼろぼろ、破れていたり、セロハンテープで補強されていたりする紙幣も珍しくありません。「レジのおばちゃんに紙くずを投げつけられたと思ったら、おつりだった」という話は、笑い話でも何でもなく、ごくありふれた生活の一部として存在しています。

そんな扱いを受けてきた人民元が、「未来の重要な国際通貨」に。政治面、文化面、歴史面、思想面・・・どの分野においてもあらゆる意味で世界の注目を浴び続けてきた中国は、経済面でもやはりその存在を強調し続け、さらなる飛躍を遂げようとしています。

ほんの数年前までは、「通貨としての国際的価値が低い」、「通貨としての国際的信用が薄い」、「偽札があふれ、後を絶たない」などと、国際社会における不評が目立った人民元が、「未来の重要な国際通貨」として認識されるまでに、どのような歴史があったのでしょうか。

中国経済の成長とともに、その中心となっている人民元も、もちろんその在り方を変えてきました。人民元がたどってきた道のりと合わせ、その現状をすこし覗いてみましょう。

各ページのご案内

中国の通貨

外貨兌換券

人民元の歴史

人民元の問題点

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.