養老保険で資産運用

養老保険は、定期保険と生命保険の中間的な性質を持っています。

貯蓄性の高い保険

養老保険とは、一定の保険期間を定めて、保険期間は死亡・高度障害の保障があり、保険期間満了時には保険期間中の死亡・高度障害保険金と同じ額の満期保険金を受け取ることができる保険です。養老保険は、いわば定期保険(定められた一定の保険期間内に被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われる保険料掛捨て型の保険で、満期保険金はない)と生命保険の中間的な性質を持っているといえます。

また、養老保険は、その保険料の大部分が積み立てにまわされるという点で貯蓄性の高い保険でもあります。そして、養老保険は、一般的には利率も高めです。そのため貯蓄もしながら一定の保障がある保険にも入りたいという方には、とてもおすすめできる保険です。

もっとも、養老保険のデメリットとしては、その高い貯蓄性から、養老保険の保険料は他の保険(定期保険・終身保険など)と比較しても一般的に最も高いものとなっています。また、保険会社が破綻した場合にはその会社の養老保険からは満期金も死亡保険金も支払われない・あるいは大幅に減額されるというリスクもあります。

なお、養老保険のなかでも一時払養老保険は特に金融商品としての性格が強く、一時払養老保険(保険料一括払込の養老保険)は据置期間が5年超のものであれば、50万円までの運用利益は非課税とされています。まさに資産運用ができる保険といってもよい保険ですね。

また、さらに高い貯蓄性を求められる方には、普通養老保険よりも高い予定利率となっている外貨建ての一時払養老保険をおすすめいたします。もっとも、元本割れのリスクは普通養老保険よりも高くなりますから、その点は注意が必要となってきます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.