高齢者の資産運用における安全性商品

高齢者の方が安全に資産運用をするための金融商品とは何でしょうか?

収益性商品と安全性商品

では、高齢者の方が実際に安全に資産運用をするとなるとどのような金融商品があるのでしょうか?この際には、ぜひマネーポートフォリオを組むことをおすすめします。マネーポートフォリオとは、前記のように資産の分散・組み合わせによる「リスクの低減」と「運用の効率化」を図ることです。このマネーポートフォリオを組むことで、高齢者の方が安全に資産運用することを可能にします。

まず、金融商品の大きな分類として、収益性商品としては、株式・投資信託・外貨建て商品・金・不動産投資信託など多くのものがあります。これと以下のような安全性商品(及び普通預金・通常貯金・定額貯金などの流動性商品)を金融商品の性質を的確に把握して、その組み合わせを十分に吟味する必要があります。

組み合わせを吟味する際には、通常は高齢者の資産運用の目的が、老後の資金の確保にある以上、やはり収益性商品よりも安全性商品の比率が高くなるものと考えられます。もっとも、高齢者の方といっても現在の貯蓄額が少ない、あるいは退職金の額がそれほど多くない方にとっては、収益性商品の組み合わせを高くせざるを得ない場合もあるかもしれません。その方の貯蓄額などの状況が、このポートフォリオにも大きく影響してきます。

主な安全性商品としては、国への債権である長期国債、銀行の定期預金やゆうちょ銀行の定期貯金、生命保険会社の養老保険信託銀行のMMFや中期国債ファンドなど多種多様なものがあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.