高齢者の資産運用の具体例3 養老保険

養老保険は保険料の大部分が積み立てに回されるので、貯蓄性が高いです。

元本保証の保険

養老保険とは、一定の保険期間を定めて、保険料を支払い、満期時には保険期間中の死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる保険のことをいいます。通常の生命保険や自動車の任意保険とは異なり、あまり身近な保険ではないかもしれません。

養老保険においても、被保険者が保険期間内に死亡・高度障害になった場合には、死亡保険金又は高度障害保険金が受け取れるという点では保障の機能があります。もっとも、養老保険においては、通常の生命保険とは異なり、その保険料の大部分は積み立てにまわされることから、とても貯蓄性の高い保険であるといえます。

養老保険は、契約内容にもよりますが、その多くに元本保証がある保険です。そのため、養老保険は安全性商品の代表例に挙げられています。特に一時払養老保険は、利回りも比較的高く、かつ保険料が通常のものよりも安く設定されていることから、収益性という点でも先の安全性商品よりも魅力的で、金融商品の性格が強いものでした。

もっとも、近時の予定利率の低下により若干商品としての魅力は低下しています。さらに加入条件が同じであれば、養老保険と生命保険などの定期保険を比較すると、保険料は養老保険の方が高いのが一般的です。養老保険の貯蓄性の高さから言えば当然そうなるのですが、加入の際には注意が必要です。一時養老払保険ではなく通常の養老保険に加入して、保険料が支払えなくなった場合に途中解約をすると場合によっては元本割れすることもあるからです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.